ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロが教える「正しい歯磨き方法」。実は意外と知らないことも・・・(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

子どもの頃、親から教わった歯磨きの仕方。大人になった今でも、なんとなくそのまま続けちゃってはいませんか?
もしかしたらソレ、正しいブラッシングじゃないかもしれません。デンタルサロン・プレジールが教える5つのポイントを、日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」から紹介しましょう。

正しい方法で、歯をより美しく!

01.
歯ブラシを濡らすのはNG!

濡らして泡立ちが良くなると、歯磨き剤に配合されている有効成分が、歯に作用する前に流れてしまうため。

02.
「歯磨き粉たっぷり」もダメ

研磨剤を多く使用することになるため、エナメル質を傷つけてしまいます。ヘッド部の3分の1から4分の1程度が目安。

03.
ゴシゴシと力強く磨いてはいけない

過度に強いブラッシングは、エナメル質を傷つけてしまうリスクが高いです。歯に対して直角、または45°でブラシを当て、優しく磨きましょう。

04.
歯ブラシの交換は1ヶ月に1回

このくらい毛先が広がったら、交換目安です。

05.
歯磨き後のうがいは、少量の水で1回だけ

口をしっかりゆすぎすぎるのは、歯磨き剤に含まれる有効成分も洗い流してしまうためNG。少量の水で1回すすげば十分です。

Licensed material used with permission by ビエボ

関連記事リンク(外部サイト)

今日は「人生最後の日」。あなたは、家族とどう過ごしますか?(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP