ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エドツワキ、個展「QUAKENESS : REBIRTH」を開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月10日(金)から表参道 ROCKETにてアーティスト、エドツワキによる個展「QUAKENESS : REBIRTH」が開催されている。
モードイラストレーションで世界的に著名なエドツワキが、これまでに発表してきた作品とは一線を画す、アクリルやメディウムを用いたマチエール豊かなアブストラクトペインティングを初めて発表した昨秋の個展「QUAKENESS」から半年あまり。本展では、9月に丹波篠山のColissimoでの巡回展を控えるなど、今後の展開が期待される「QUAKENESS」シリーズの新たな一歩として、90年代の終わりに個展を開催したROCKETの新たなスペースにて、シリーズ最新作を加えた構成でお届けする。

女性の肖像が代名詞とも言えるエドツワキの新たな作品群「QUAKENESS」は、絵の具を木版に流し込み、数日間かけて乾かし、乾くうちに新たな絵の具を加えることで、新たな表層が生まれるという手法で制作されている。それは地球や宇宙を感じさせる生命体、地表と海面の境界線というような言葉を彷彿とさせる、抽象的かつ自然の力に独自の表現を加え、自然と人間の表現による力強さを感じさせるものとなっている。

今年6月に生誕から半世紀を迎え、見るものに新たなインスピレーションを与え続けているエドツワキ。本展最終日には、そんな彼の生誕50年を祝うイベントも開催予定。常に一線で活躍するエドツワキによる新たな表現を、ぜひお見逃しなく。

「作品」というこの世的な思惑を脱ぎ捨て、まるで地球の肌をそのまま切り取ったような、
生命の原点に同化するような..。これはEd TSUWAKIという生命体に起こっている現象と言えるかもしれない。

 
細野晴臣(作品集『QUAKENESS』より)

 

– – – – –

展覧会情報

タイトル:Ed TSUWAKI「QUAKENESS : REBIRTH」
会期:2016年6月10日(金)〜6月22日(水)  

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。