ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

四川料理歴40年以上の職人が作る、緻密に計算された驚愕の味わい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ウチは儲けがないからね」

そんな飲食店を尊敬してやまない、メシ通レポーターの裸電球です。

北海道札幌市に、お客さんに美味しく食べてもらうためには、妥協を許さない、

職人気質なお店があるという噂を聞きつけてやってきました。

この道40年以上の店主が作る、四川料理が自慢だと言うのです。

スープにタレ、調味料に至るまで、全てが複雑なレシピのもとに手作りされた料理は、

素人感覚でも、「材料費がすごいだろうな」と思ってしまいます。

一口が、次の一口を強烈に欲する、

悟りの境地のような四川料理 を堪能してきました。

耳に残る「紅麹屋」という店名

「四川菜麺 紅麹屋」です。

一度聞けば覚えられる、特徴的な名前ですよね。

やはり、紅麹を使ったお料理がいただけるのでしょうか。

紅麹自体、ほとんど食べたことがない食材なので、期待が膨らみます。

入店早々、あれですが。私は今、運命の分岐点に立っています。

常連さんから得た情報なのですが、最初に食べたものを次またお店に来た時もリピートしてしまうため、他の料理を食べたくても食べられないというのです。

なるほど、胃袋はひとつですからね。

種類も豊富なので、本当に悩みます。

四川麻辣湯麺(マーラータンメン)にしようか、担担麺にしようか。

このままではまずいぞ。

空腹すぎて、思考回路がフニャフニャだ。

まずは、麺類を忘れて。

大好物の麻婆豆腐からいきましょう!

小野さんは紅麹屋をオープンさせるまでに、様々な有名ホテルで腕を磨いてきました。

寡黙に料理と向き合う姿は、職人そのもの。

恐る恐る、声をかけてみると、

優しい語り口で調理法について教えてくださいました。

しかも、その解説が、とても専門的なんです。

そのあたりもまさに職人気質です。

段階を踏むごとに、何度も味見する小野さん。

火加減や味覚に全神経を集中し、まさに「渾身」という言葉がぴったりの料理です。

▲成都麻婆豆腐 880円

麻婆豆腐がきました!香りがこれまで食べてきたものと全然違う!

どの中華料理店でも必ず頼む、マーボー好きですから、期待が高まりますね。

美味しい。

素晴らしい料理を食べると、感想も極めてシンプルになりますね。

ただただ、美味しいのです。

目をつぶってうなっちゃうやつですよ。

最初の一口、幸せのひとときを堪能します。

いや、驚きました。

自家製マーラーソースが、驚くほど深い味わいを演出し、

複雑に絡み合う香辛料が食欲をかきたてます。

お店秘伝の黄金スープで豆腐を煮込んで、中国醤油でまとめているそうです。

額には汗。確かに辛いのですが、辛いと思って口に運んでいないのが不思議な感覚です。

辛さを通り越した、旨味の波状攻撃!

麻婆豆腐を一口、そこに、紅麹ご飯をかきこみます。

このご飯がまた美味しいのです。

紅麹の自然な甘さと風味がプラスされ、ビリッと辛い麻婆豆腐とも相性抜群です。

お店の名前にもなった、紅麹。

医食同源のエッセンスを加えるため、全ての料理に使用されています。

麻婆豆腐にはお好みで「花椒油」をタラリとかけます。

この油ももちろん自家製です。

青山椒と赤山椒を1対3の割合で2時間蒸して使用するそうです。

ほんの少し入れただけでも、香りがグッと変化します。

ご飯もついてボリューム満点ですからね。

勘弁してくださいよ!

次から麻婆豆腐のリピーターになって、

麺類食べられないじゃないですか!

先ほどは決められなかった麺類ですが、麻婆豆腐で汗を流したので、今度はガラッと変えて、酸味を楽しもうじゃありませんか。

▲酸菜辣羹湯麺(スーラ―タンメン) 880円

ドンブリには、所狭しに様々な食材が散りばめられています。全て記載することは控えますが、その一部がこちら!

《紅麹粒、酸菜(白菜漬け)、発酵鶏ハム、玉子、冬筍、きざみ湯葉、小松菜etc……》

まだまだ入っています!

紅麹屋では、お客さんが具材を追加注文する「トッピング」はありません。

「具」は、増えたり減ったりするものではなく、

そのラーメンに必ず入っていなければならない食材という考え方です。

トロリとしたスープが絡んだ麺をズズズっとすすります。

何が入って、どうなって、この味なのか、考えるのはやめにしようじゃありませんか。

ただただ、頭の中を「美味しい」が駆け抜けていきます。

インドの黒胡椒をはじめ、自家製の紅麹辣油や塩麹、中国醤油など、

とんでもない量の食材が使われ、それぞれの旨味が最大限に引き出されています。

これ、すごく余計なお世話でしょうが。

材料費、すごいことになるんじゃないですか?

「ウチは儲からないから」の一言に納得です。

これまでの人生、いろいろな「酸味のある食べもの」を経験してきましたが、

紅麹屋さんの酸菜辣羹湯麺が、

マイベスト酸っぱいランキング、1位に輝きました。

酸味の奥で複雑に絡み合う調味料や、食材の旨味に脱帽です。

今日は欲張って「大人食い」しますよ。

最後に注文したのが「紅麹屋特製餃子 650円です」

プックリとした見た目がたまりません。

ものすごく好みです。

カリカリ、モチモチ、シャキシャキが口の中で一度に楽しめます。

蒸してから、焼き目をつけるのが紅麹屋の特徴だそうです。

ネギがたっぷり入った特製のタレをたっぷりつけて食べると……、

まだまだいくらでも食べられます!

すごい四川料理でした!

ご主人、ありがとうございました!

素晴らしい食材へのこだわり、それでいて、このコストパフォーマンス。

紅麹屋に足を向けては寝られませんね。

食材のひとつひとつにまでこだわりぬいた四川料理。

皆さんも味わってみてはいかがでしょうか。

1度食べると、リピーターになる率が高いので、

他のメニューに挑戦できなくなるという、

「紅麹屋あるある」を、身を持って体感しました。

お得な晩ごはんコースもあるので、チェックしましょう。

ごちそうさまでした!

※ 金額はすべて消費税込です。

お店情報

四川菜麺 紅麹屋

住所:北海道札幌市豊平区美園5条6丁目3-13 NSビル1F

電話番号:011-831-5505

営業時間:(昼の部)11:00~15:00

(夜の部)17:00~21:30

定休日:木曜日


書いた人:

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

関連記事リンク(外部サイト)

どこを見てもカエル! ガマ記念館でゲコゲコとランチをしてきた!
手稲区役所の食堂がすごい!メガザンタレ定食が住民の胃袋を満たす!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP