体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

四川料理歴40年以上の職人が作る、緻密に計算された驚愕の味わい

f:id:mesitsu_lc:20160422161740j:plain

「ウチは儲けがないからね」

そんな飲食店を尊敬してやまない、メシ通レポーターの裸電球です。

北海道札幌市に、お客さんに美味しく食べてもらうためには、妥協を許さない、

職人気質なお店があるという噂を聞きつけてやってきました。

この道40年以上の店主が作る、四川料理が自慢だと言うのです。

スープにタレ、調味料に至るまで、全てが複雑なレシピのもとに手作りされた料理は、

素人感覚でも、「材料費がすごいだろうな」と思ってしまいます。

一口が、次の一口を強烈に欲する、

悟りの境地のような四川料理 を堪能してきました。

耳に残る「紅麹屋」という店名

f:id:mesitsu_lc:20160422161732j:plain

「四川菜麺 紅麹屋」です。

一度聞けば覚えられる、特徴的な名前ですよね。

やはり、紅麹を使ったお料理がいただけるのでしょうか。

紅麹自体、ほとんど食べたことがない食材なので、期待が膨らみます。

f:id:mesitsu_lc:20160422161751j:plain

入店早々、あれですが。私は今、運命の分岐点に立っています。

常連さんから得た情報なのですが、最初に食べたものを次またお店に来た時もリピートしてしまうため、他の料理を食べたくても食べられないというのです。

なるほど、胃袋はひとつですからね。

種類も豊富なので、本当に悩みます。

四川麻辣湯麺(マーラータンメン)にしようか、担担麺にしようか。

このままではまずいぞ。

空腹すぎて、思考回路がフニャフニャだ。

まずは、麺類を忘れて。

大好物の麻婆豆腐からいきましょう!

f:id:mesitsu_lc:20160422161726j:plain

小野さんは紅麹屋をオープンさせるまでに、様々な有名ホテルで腕を磨いてきました。

寡黙に料理と向き合う姿は、職人そのもの。

恐る恐る、声をかけてみると、

優しい語り口で調理法について教えてくださいました。

しかも、その解説が、とても専門的なんです。

そのあたりもまさに職人気質です。

f:id:mesitsu_lc:20160422161750j:plain

段階を踏むごとに、何度も味見する小野さん。

火加減や味覚に全神経を集中し、まさに「渾身」という言葉がぴったりの料理です。

f:id:mesitsu_lc:20160422161748j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。