ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毎日をハレの日に変える「タフな漆器」が食卓をいろどる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

正月や節句、あるいは誕生日…指折り数えたとしても、きっと片手で事が足りてしまうのが、漆器の出番。それは主にハレの日の器だろう。しかし、ひとたび行事が終わってしまえば、また何事もなかったように食器棚の奥へ。「漆器」を取り巻く現状は、きっとこんなところのはず。

なんとなく普段使いに向かないイメージが強いのでは?というのも本来漆器は、揚げ物や酢の物の直盛りには向かなかったり、スポンジでゴシゴシ洗うことも避けたいくらいのデリケートなものだそう。なるほど、確かに食卓への登場回数が減るわけだ。

では、そのメンテナンスが楽々な漆器があったとしたら?

漆を、もっと身近に、
ずっと美しく。

毎日でも使いたくなるデイリーユースの漆器をコンセプトに誕生した「Fudan」は、多少乱暴すぎるかな?という使い方にもへこたれない、タフなつくりが身上だ。はたしてどれだけ丈夫なのか?

①洗剤使用OK
②食器洗浄機・乾燥機使用OK
③スタッキング収納もOK

といった具合。逆を言えば、本来漆器の手入れはこれらを避けるべきもの。それを可能にしたのが、従来の漆塗料に特殊な精製技術を導入した「マルチロール漆」だ。漆の剥離や傷が発生しにくいので、繰り返し洗っても、重ねても問題ない。毎日の食卓にぐっと近づくイノベーションだ。加えて、色と艶の経年変化を楽しめる。

ラインナップの一部を見てみよう。

「ふくわん」

「こどもわん」

「いつもかっぷ」

「はなはち」

「きょうかはち」



洋の東西を問わず、どんな料理でも思いっきり盛り付けられるのも◎。

価格帯は税別2,500円から7,000円で、ショップリストはこちら。普段の食卓で気分転換をしたいとき、これまで避けてきた「漆」を取り入れるのもアリかも。

Licensed material used with permission by jcocomo

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP