ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「どこでもスイーツ缶」だけじゃなかった! 押さえておきたい美味缶詰スイーツ5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トーヨーフーズの「どこでもスイーツ缶」がWeb上で話題となったことにより、スイーツを保存食として選択するという新たな発見が世間を驚かせています。

しかし実は「どこでもスイーツ缶」以外にも、保存食に適した缶詰のスイーツがあることをご存知でしょうか。

今回はあらかじめ備えておきたい、おいしい缶詰スイーツ5つまでに絞ってご紹介します。

井村屋「缶カスタードプリン」

価格:140円(税込)
内容量:75g
賞味期限:製造後1年間

出典:井村屋 ウェブショップ

あずきバーを始めとする、和スイーツでお馴染みの井村屋ですが、実は缶詰タイプのカスタードプリンも販売しています。

「缶カスタードプリン」は、75gと容量は少なめですが、卵と牛乳のおいしさをしっかりと味わえる一品です。

隣の市のスーパーでばら売り見つけてまとめ買い。今、食べても缶プリン独特の味で美味い。
凍らせて半解凍で食べると長持ちし、下に纏わりつく感じに滑らかになり尚美味しい。

お子様舌「ノスタルジー 懐かしい味」井村屋 缶 カスタードプリン 75g

井村屋「缶チョコレートプリン」

価格:税込140円
内容量:75g
賞味期限:製造後1年間

出典:井村屋 ウェブショップ

井村屋が販売している缶プリンは、カスタード味だけではありません。カカオ風味のチョコレートもラインナップとしています。口溶けなめらかな贅沢な味わいを楽しめます。

まったりしていて、チョコクリームのような食感!
香ばしさがあるけど、甘みも強めでチョコホイップみたい!
濃厚でおいしい♪

きゃらめるばにら「チョコホイップみたい!」井村屋 チョコレートプリン 缶75g

天狗缶詰「丸ごとマンゴ・プリン」

価格:税込620円
内容量:870g
賞味期間:製造後2年間

出典:e-缶詰屋こてんぐ

出典:e-缶詰屋こてんぐ

870gと容量たっぷりのマンゴーの缶詰スイーツ。商品名からわかる通り、マンゴピューレのプリンが丸ごとたっぷり詰まっています。

アルフォンソマンゴだけを使用しているため、マンゴー特有の甘い南国をイメージさせる香りが広がります。

620円という価格で、これだけ食べられるのは嬉しいですね。被災時には数人でわけあうことができるため、特に活躍しそうです。

天狗缶詰「丸ごと杏仁どうふ」

価格:税込540円
内容量:830g
賞味期間:製造後2年間

出典:e-缶詰屋こてんぐ

出典:e-缶詰屋こてんぐ

スイーツ缶の中で杏仁豆腐といえば、ひし形タイプが定番ではありますが、天狗缶詰「丸ごと杏仁どうふ」は、まるでプリンのようなプルプルとした見た目。

缶からすくえばカンタンにくずれてしまうほどのとろとろ食感で、口どけ柔らかな優しい甘みを楽しめます。

一缶830gの中に丸ごと入っており、「丸ごとマンゴ・プリン」同様、大ボリュームで食べられるのが特徴です。

甘すぎずにあの独特な食感が楽しめますよ!
会社の女子社員に1缶あげたらみんなで昼食後のデザートとして食べて喜んでました!

TOTO99「デザートにも」天狗缶詰 丸ごと杏仁どうふ 缶870g

京菓子司 末富「善哉ぜんざい」

価格:240g×3缶で税込2,592円
内容量:240g~
賞味期間:製造後1年間

出典:京菓子司 末富

出典:TAKASHIMAYA ONLINE STORE

京都の老舗「京菓子司 末富」の缶詰タイプのぜんざいです。丹波大納言あずきを使用し、丹念に作り上げた、末富の昔ながらの味に仕上がっています。

全国の販売店や、高島屋のオンラインストアで入手することが可能です。

いかがでしたか?

フルーツタイプの缶詰はよく見かけますが、実はスイーツを楽しめる缶詰も探せば見つけだすことができます。

いずれも保存期間は1年または2年間となっていますので、長期での保存が可能です。

被災時用の備蓄品を入れ替える際は、ぜひ缶詰スイーツも新たに加えてみてはいかがでしょうか。

井村屋 缶 カスタードプリン 75g

井村屋 チョコレートプリン 缶75g

天狗缶詰 丸ごとマンゴ・プリン 缶870g

天狗缶詰 丸ごと杏仁どうふ 缶830g

関連記事リンク(外部サイト)

エナジードリンク評論家が選ぶ! 長距離運転中に飲みたいエナドリ5選
みんなが“食べたい”新商品ランキング:今週はプリン味が活躍!
PABLOブランドはやはり強い! 今度は紅芋!:みんなが“食べたい”新商品ランキング

カテゴリー : グルメ タグ :
もぐナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP