ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京選挙区 自民が朝日健太郎擁立に中川雅治陣営安堵

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 参院選は与党vs野党の対決ばかりではない。東京、神奈川、愛知、大阪など定数が4以上の選挙区では、同じ政党の候補者が複数出馬。すると、党内では「最大の敵は味方だ」と激しい内ゲバが始まった──。

 東京選挙区(改選6議席)で自民党は「2人当選」が目標。だが、その2人目の候補者選びが迷走した。有力とみられていた乙武洋匡氏がスキャンダルで出馬断念した後、党本部は公示日近くになってようやく身長2メートルの“大型新人”、元ビーチバレー五輪代表の朝日健太郎氏の擁立を決めた。

「よしッ、これなら勝てる」

 妙な喜び方をしたのは同じ自民党の現職・中川雅治氏の陣営だ。

「うちは基礎票が頼み。2人目にビッグネームが出てくると、自民支持票をごっそり持って行かれるとハラハラしていた。朝日さんなら、知名度はそこそこなのでホッとした」(選対スタッフ)

 2人の候補者の戦い方も厳然と分けられている。

「中川さんは地域の商工会などを回って組織・団体票を固める地上戦、それに対して落下傘候補の朝日さんは街頭演説で浮動票を狙う空中戦と決まっている。党の選対本部には、朝日さんには絶対に団体回りをさせないように申し入れている」(自民党東京都連幹部)

“俺のシマには一歩たりとも入れない”という厳しい掟なのだ。

※週刊ポスト2016年6月24日号

【関連記事】
マスコミが報じない参院選・ネット選挙の真相に迫った1冊
細川氏出馬宣言に自民党色の緑ネクタイで臨んだ小泉氏の真意
宮崎、武藤氏ら2012年組が誤算 自民党候補者公募の問題点は

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。