ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スイーツ王子Rui.さんも太鼓判 おすすめ焦がしスイーツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 外はカリッと香ばしく、中はふんわり甘い焦がしスイーツ。これまではプリンの表面を焦がしたクレームブリュレが主流だったが、最近はレパートリーが続々と増えて注目を集めている。

「2014年に、『クロワッサン×ドーナツ』など、2種類のスイーツをかけ合わせて、それぞれのおいしさをいいとこ取りした『ハイブリッドスイーツ』がブームになったのをきっかけに、焦がしスイーツも進化しました」

 そう語るのは、スイーツ王子・Rui.さん。焦がすことで、スイーツに新たなおいしさが生まれるという。

「風味やコクが増したり、表面はパリパリ、中はなめらかになって、食感の2面性が楽しめるようになります。お客さまの目の前でバーナーを使ってスイーツを焦がすお店もあり、焦がしはまさに食のエンターテインメントといえます」

「焦がし部分がパリパリでなく、シャリシャリとキメ細かい食感なんです」と語るRui.さんお気に入りの『焼きたて クレームブリュレ』(1296円)。脂肪分の低いクリームを使ったプリンは口どけなめらかで、コクはあるが後味さっぱり。フルーツの酸味ともよくあう。

◆DATA
COCONOMA Season Dining(ココノマシーズンダイニング)
東京都港区西麻布1-11-6 H&R ROPPONGI
営業7~25時(LO23時)無休

【スイーツ王子 Rui.】
スイーツ評論家。年間累計1500品以上のスイーツを食す。公式ブログは月間300万アクセスを突破し、Amebaブログのスイーツ・カフェ両ジャンルにおいて1位に輝いた実績を持つ。公式HP http://ruisweets.com

※女性セブン2016年6月23日号

【関連記事】
スザンヌお勧めの新食感夏スイーツ 12個3780円の冷やし柿
子供が大喜び 豚バラ、スライスチーズ使った犬お好み焼き
堂島スウィーツ共同開発「くいだおれ太郎プリン」が大人気

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP