ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

My Little Lover 名アルバム完全再現20周年記念ライブ【evergreen】放送決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1995年にデビューし、またたく間にJ-POPシーンを席巻したMy Little Lover。2016年4月15日に東京国際フォーラムで行った一夜限りのメモリアルなライブ【My Little Lover 20th ANNIVERSARY LIVE~evergreen~】の模様がWOWOWで放送される。

マイラバ 20周年記念ライブ写真

 このライブは前半と後半に分かれ、第一部では、2015年11月25日にリリースされた6年ぶりの最新アルバム『re:evergreen』からプレイされた。オープニング曲「winter songが聴こえる」で、akko(vo)の透明感あふれる歌声と小林武史(key)の率いる6人編成バンドの演奏が響き、会場は一気に“マイラバ”の世界に。青春を振り返る「送る想い」や映画の主題歌になった「ターミナル」ではしっとりと歌を聴かせた。

 第二部では、約300万枚を売り上げたデビューアルバム『evergreen』を1曲目から順に演奏。アルバムを完全に再現するため、あえてMCを排除したこの日のライブ。メンバー紹介では、akkoが「小林武史、キーボード」と声を張り上げ、逆に小林が「My Little Loverのヴォーカルはご存じこの方、akko」と力強く紹介。ファースト・シングル「Man&Woman」で会場の熱気は最高潮となり、ラストは「evergreen」で締めくくられた。

 アルバム『re:evergreen』のキャッチコピーでもある「また、マイラバを聴きたくなった」という多くのファンの願いが、奇跡的にライブで実現したこの日。会場に行けなかった人は放送でその感動を共有できることだろう。

◎WOWOW番組『My Little Lover 20th ANNIVERSARY LIVE~evergreen~』
2016年6月19日(日)21:00[WOWOWライブ]
収録日:2016年4月15日
収録場所:東京 東京国際フォーラム ホールC

関連記事リンク(外部サイト)

『The Covers』My Little Loverがサザン&ユーミンの名曲に挑戦、akkoの歌声に秘められた特別な力とは
My Little Lover 20年の栄光と挫折の日々……akko&小林武史が語る
My Little Lover 永遠の名盤『evergreen』を今に置き換えた新作ジャケット完成

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP