体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【イベントレポ】ワイヤレスジャパン2016に潜入! IoTや通信技術は、家やオフィスをどう変える?

私、コバスチャンです。こんな感じで行ってきます

5月に東京ビッグサイトで行われた、「ワイヤレスジャパン2016」。”モバイル/ワイヤレスで実現するビジネス・イノベーション”と銘打って、IoT(Internet of Things)関連の最新技術が展示されるイベントです。

IoTって名前は最近よく聞くけど、それによって私達の生活がどう変化するのかがいまいちわかりにくい。ということで、「OneMe Store」のバイヤーである僕、コバスチャンこと小林が、IoTやワイヤレス技術の最前線をレポートします。ではさっそく突入してみましょう。

家やオフィスが、ますます”スマート”に!

今回のイベントはB to Bの展示が多く、平日に参戦したこともあって会場内にはビジネスマンが目立ちました。そもそも「IoT」は、平たく言うと「モノのインターネット」。機械やデバイスをインターネット経由で操作できますよ! ってことで、これから大きな成長が期待されている市場なんです。スマートフォンがあれば、スマートロックやスマートコーヒーメーカーもあるのが現代です。

サムターンに取り付けるだけで、自宅のカギがスマートロックに

こちらの「Qrio Smart Lock」(Qurio)は、スマホアプリでカギの開閉ができるスマートロック。粘着シートでドアに取り付けるタイプなので、カギの交換や穴あけは必要なく、賃貸住宅でも使えるそうです。

本体はBluetooth LEを使ってスマホと通信していて、通信圏内に入ると自動的にカギを認識し、スマホのスライド操作だけで解錠できます。まだ試用版ですが、操作のいらない「手ぶらで開錠機能β」もリリースされているとか。さらにカギのURLをコピペして、期間限定の開錠キーを他人にメールで送ることもできます。ちょっとしたホームパーティーや、今話題の民泊なんかにも使えて便利そうですよね。

【イベントレポ】ワイヤレスジャパン2016に潜入! IoTや通信技術は、家やオフィスをどう変える?
【イベントレポ】ワイヤレスジャパン2016に潜入! IoTや通信技術は、家やオフィスをどう変える?
コーヒーメーカーもアプリで遠隔操作・管理する時代に?

こちらは、皆さんも一度は使ったことがあるかもしれない、のネスプレッソ(カプセルを使うコーヒーメーカー)のスマホアプリ連動型バージョン「PRODIGIO」(ネスレネスプレッソ)です。

専用アプリを使って、カプセルの残数管理や新たなカプセルの注文、さらにコーヒーの抽出の予約時間管理などもできてしまうという、家にあってもオフィスにあっても便利な一台でした。

会場のデモではシートから電力を供給され、電池無しでミニ四駆がぐるぐると走り回ってました

あと、まだ研究段階ではあるものの、NICT(国立研究開発法人情報通信研究機構)が展示していた「載せるだけ! 電力とデータのやりとりができる自由なシート媒体通信」には興味を引かれました。

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy