ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【おもいでタイムライン】第9回 1988〜1985年、 “予感”の時代

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自動車電話、携帯電話黎明期のIDOのパンフレットから。コードレスになるのはもう少し先の未来だった

日本で初めての携帯電話「ショルダーホン」が発売されてから、約30年が過ぎました。そして携帯の進化と同時に、私たちのコミュニケーションも大きく変化してきました。携帯電話の歴史は、コミュニケーションの変遷の歴史でもあるんです。

では、一体どんなふうに変化してきたのでしょう?

TIME & SPACEがお届けする、携帯電話の歴史30年を振り返るサイト「おもいでタイムライン」連動連載も、ついに携帯電話のルーツまでやってきました。最終回は1988~1985年。肩からぶら下げるあの電話が登場しますよ。

■おもいでタイムライン
http://time-space.kddi.com/omoide

携帯電話は、クルマから持ち出せる「自動車電話」だった。

出ました、IDO(当時)が1988年12月に提供開始した「ショルダーフォン」です。ライトグレーのボディに、ディスプレイ部分を縁取ったブルーと、ボタンのオレンジが絶妙なアクセントになっています。スモーキーな色目が採用されているので、全体的なイメージも上品。いまとなっては「レトロフューチャー」な魅力たっぷりなデザインといえますが、当時は誰もがこの最先端機器に未来を感じていたものです。

この時代の携帯電話・スマホは?
「ショルダーフォン」(1988年発売)
→この携帯電話の「おもいでタイムライン」記事へ

この時代の携帯電話・スマホは?
「カーフォン40形10形」(1988年発売)
→この携帯電話の「auケータイ図鑑」紹介へ

この端末と同時に発表されたのが、「カーフォン40形10形」。まさにその名のとおり、こちらは自動車電話。ショルダーフォンと連携したイメージでデザインされています……というより、受話器部分は同じ⁉ ……そう、携帯電話の前にまず自動車電話ありき。クルマだったら、送受信に使うための大きなアンテナも搭載できるし、電源もクルマ用のバッテリーから確保できます。

この「クルマの中から持ち出したい!」という発想が、携帯電話へとつながっていきます。といっても、やっぱり「自動車電話の延長」。自動車電話ユーザーへの一歩進んだサービスが、とっかかりだったのです。KDDIの前身となる企業のひとつ、IDOは87年に日本高速通信、トヨタ自動車、東京電力、中部電力などを中心に設立されるわけです。

ついにショルダーホン誕生。

NTTから発売された車外兼用型自動車電話「ショルダーホン100型」(1985年)
→この時代の様子は「おもいでタイムライン」記事へ

日本初のショルダーホンは、85年に誕生します。長~いアンテナを搭載し、サイズは百科事典を横向けに立てたぐらい。重量は2.6㎏もありました。なぜショルダーからさげなければならないほど大きかったのか。ご存じかもしれませんが、ひとえにそれはバッテリーのせいです。クルマの中にいた時はシガーソケット経由でクルマのバッテリーから電源が得られました。そこから自由になるためには自前のバッテリーが必要だったのです。だからあの百科事典部分の中身はほぼ、バッテリー。日本初のショルダーホンは、連続通話時間約40分、連続待受時間約8時間だったといいます。

当時の自動車電話は、数十万円の保証金に、月々何万円もの基本料金を支払い、通話料は6秒10円。初期は携帯電話単体ではなく、自動車電話としての契約をベースにショルダーホン化できるというオプションがありました。当時を知る人たちにとっては当然ですが、その昔、携帯電話を持っていたのは会社経営者など一部のエグゼクティブ、工事現場などで仕事上、どうしても必要だった人たちぐらいで、誰もが「どこにいてもコミュニケーションできる」というわけにはいきませんでした。待ち合わせする時は、依然、日時、場所の指定は必須。「近くまで行ったら電話するわ」なんてアバウトな約束が通用するようになるのは、もうちょっとあとの時代の話。

携帯電話は、バブル期のアイコンに。

IDOの自動車電話、携帯電話のカタログ(1990年)。外出先のどこでもコミュニケーションを可能にする、憧れの通信手段=携帯電話の予感を感じさせる内容だ

携帯電話単体としてのサービスが始まるのは、87年4月のこと。「ショルダーじゃない」携帯電話機が提供され始めます。それが「辞書型」と呼ばれる端末。まさにその名のとおり、小ぶりの国語辞典を片手で持って通話しているような状態で、落とさないように、手を差し込むタイプのストラップが装備されていました。

ショルダーホンの誕生からたった2年。日本はにバブル経済の真っただ中にいました。ますますの好景気の予感に、次々と世界の不動産を買い占め、イケイケ化著しい時代、夜の街を闊歩するダブルブレストのソフトスーツなヤンエグたちに、肩パッドを強調したボディ・コンシャスなスーツのOLたち。夜遊びスポットでも、グルメでも、ファッションでも……とにかく新しいものを見つけては飛びつき、仲間に自慢することに価値があった時代に、携帯電話というサービスはマッチしたのかもしれませんね。

持ってることがおしゃれで、持てるだけの経済的な背景があることの証拠。つまり一種のブランド。

携帯電話は、とても画期的なコミュニケーション手段の発明でした。でも、誕生した当初から、その枠を超えて、カルチャーの一種として受け止められていたようです。

関連リンク

おもいでタイムライン
auケータイ図鑑

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP