体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

下北沢カレー王と巡る! 「絶対に食べておくべき極上のカレー」名店ツアー

f:id:Meshi2_IB:20160312153402j:plain

都内屈指のカレー激戦区である東京・下北沢で、毎年10月に10日間開催されている「下北沢カレーフェスティバル」をご存じでしょうか?

「下北沢をカレーの聖地にする」を合い言葉に、カレー専門店のみならず、居酒屋さんやバー、さらにはスイーツショップからマッサージ店まで、シモキタのお店・約130店舗が参加する1年に一度のカレーのお祭りです。

そして、このカレーフェスティバルで伝説となった男がいます。2013年に最も多くのお店(38店舗)を制覇して「初代カレー王」となり、2014年に69店舗、2015年にも70店舗以上と年々記録を伸ばし続け、ついに「初代永世下北沢カレー王」の称号までも手に入れた坂ノ上九郎氏。

彼は、下北沢で最もカレーに詳しい人といっても過言ではありません。

今回はそんな噂のカレー王が自信を持ってオススメするカレー店にナビゲートしていただこうと思います!

「初代永世下北沢カレー王」、見参!

f:id:Meshi2_IB:20160312153346j:plain

まずは下北沢駅前にて「カレー王」こと坂ノ上九郎氏と待ち合わせ。本日は、あまた存在する下北沢のカレー店の中から挙げてもらった「絶対に食べておくべき名店・ベスト3」をハシゴします。

道すがら、カレー王に素朴な疑問をぶつけてみました。

──:なぜ「カレー王」になろうと思ったのですか?

なろうと思ったというか……初年度は、どこまでいけるのか試しにやってみたら38店舗回れちゃった感じですね。実は2013年以降の『カレー王』の座は別の人に譲っているのですが、実際の数は私の方が上回ってしまっていたので『初代永世下北沢カレー王』と名乗らせてもらって、毎年次の『カレー王』の選出を行う権利を得ているんです

──:10日で70店舗まわるってことは、1日に7食はカレーを食べるわけですよね? 常識を超えた数字のような……。

日によっては1日に10食ということもありますよ。最近はフェスティバル用にミニサイズのカレーを出すお店も増えましたが、私の中では通常サイズのものを食べるという自分ルールを設けています。意外といけるものですよ。それに、この10日間はカレーに専念するためお酒を飲まないので、普段の生活よりもむしろ身体は健康的な期間になっていると思います

そんなわけないだろうと心の中でツッコミを入れつつも(笑)、取材班は一軒目のお店に到着、さっそくカレー王オススメの逸品をいただくことに。

下北沢の老舗カレー店「茄子おやじ」

f:id:Meshi2_IB:20160312153347j:plain

カレー王1軒目のチョイスは、下北沢で20年以上愛され続けている老舗のカレー食堂「茄子おやじ」。下北沢在住の作家やタレントなど、カレー好きな有名人のファンが多いことでも知られています。

下北沢のスタンダードと言えばここかな、と思いまして

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。