体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『バイオハザード7』2017年1月26日発売決定 VR完全対応

株式会社カプコンが6月14日、『バイオハザード7 レジデント イービル 』を2017年1月26日(木)に発売すると発表した。

バイオハザードは誕生から20年。シリーズはさまざまな作品を世に送りだしてきたが、今回の最新作「7」はその根源、すなわち“恐怖”に焦点を絞りきった作品となる。

【関連:アンブレラ社製錠剤が商品化!バイオハザード錠剤ラムネ登場】

バイオハザード7 レジデント イービルロゴ

ハイスペック化が進む現代のゲームマシンの能力を余すことなく引き出すために、「REエンジン」を開発。さまざまな物理レンダリングを網羅し、流体表現にも対応。空気中の埃と言った細部までも描き出す実写映画に匹敵するフォトリアルな表現を実現したという。

さらに、本作はPlayStation(R)VRに完全対応し、二画面への描画が求められるVRデバイスへの出力時にも60FPSの高フレームレートを達成。このREエンジンは7への実装を皮切りに、今後様々な作品にも採用されていくという。
また、本作の体験版となる『バイオハザード7 ティザー ~ビギニングアワー~』がPlayStation(R)PLUS会員に向けて配信開始されている。

■商品名:バイオハザード7 レジデント イービル
■対応ハード:PlayStation4、PlayStationVR、Xbox One、PC ※PC版では、ネットワークはValve社提供のSTEAMシステムを使用。
■発売予定日:2017年1月26日(木)
■希望小売価格:ディスク版 7,990円+税 、ダウンロード版 PS4、PC 7,398円+税、Xbox One 7,400円+税
■ジャンル:サバイバルホラー
■プレイ人数:1人
■CEROレーティング:審査予定

『バイオハザード7 レジデント イービル』キーアート

『バイオハザード7 レジデント イービル』キーアート
『バイオハザード7 レジデント イービル』スクリーンショット1

『バイオハザード7 レジデント イービル』スクリーンショット
空気中の埃と言った細部までも描かれたショット

空気中の埃と言った細部までも描かれたショット
庭のオブジェ

庭のオブジェ
荒れた庭

荒れた庭
何かを解体している部屋。作業は中断され蠅が群がっている。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。