ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実はアジアで広く食べられている納豆! その発祥はどこ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 関西の人は納豆が苦手というイメージを持つ人もいるかもしれません。

 しかし、かつて「納豆ダイエット」がテレビ番組に取り上げられ、さらにその内容が捏造であったと判明したとき、大阪出身の亀田興毅さんが「納豆は好物。納豆のせいにされて、かわいそうや」と擁護のコメントをしたことが報じられました。また、同じく大阪出身の和田アキ子さんも2008年に全国納豆協同組合連合会の選ぶ「納豆クイーン」に選ばれ、アツい納豆愛をPRした、なんてことも。「納豆=関西人が嫌い」という認識は、すでに古いのかもしれません。

 もはや「ニッポンの国民食」といえる納豆。でも、「実は、日本だけのものではない」と聞けば驚く人が多いのではないでしょうか。

 海外の納豆事情を記し話題となっている書籍『謎のアジア納豆』。本書の著者であるノンフィクション作家の高野秀行さんは、ミャンマーやタイの反政府ゲリラを取材するうち、地元の人々が納豆を食べていることに気づいたといいます。しかも、タイのシャイ族が食べる納豆は現地語で「トナウ」。ナットウという発音をひっくり返したような単語で、高野さんも日本人にこれを話すと「『嘘でしょ!』とまるで私が寒いギャグを飛ばしたかのような反応をされる」とか。

 本書ではブータンやネパール、中国で食される納豆が紹介されますが、ここで浮かぶのは、「じゃあ納豆はどこが発祥なの?」という疑問。高野さんは、「納豆は日本と朝鮮半島を含め、アジア大陸東部の各地で非同時多発的に見出されていった」として、次のような自身の考えを示します。

「納豆は実に簡単にできる食べ物だ。(中略)いろいろな場所でいろいろな時期に作られるようになり、いったん作られると、近隣の民族にも『お、これ、なかなか美味いな』という調子で伝わっていったのではないか」

「日本は日本で独自に発見、発達していったのではないかと思う。理由は、繰り返しになるが、納豆はあまりに簡単にできるからだ」(以上、本書より)

 意外にも、アジアに広がる食べ物であった納豆。本書は、日常生活で納豆を食べるとき、「アジア納豆」にも思いを馳せさせてくれる一冊です。

■関連記事
食通・池波正太郎が愛した老舗とは?
結合双生児の「分離されたくない」という気持ち、その背景にあるものとは
「畳の上に服を置かないで!」と八つ当たり……重度のアトピー患者を支えた、家族の理解

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP