体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ゴキブリに効果あり!」でハッカ油が再ブーム

ハッカ油とはハッカソウを乾燥さえて蒸留した精油です。ハッカの香りが好きな人にとっては清涼感抜群ですが、好きでも嫌いでもない人には馴染みが薄いものかもしれません。

しかし、夏の暑い時期に大発生する「ゴキブリに大きな効果がある!」と話題になったことで、お子さんがいる家庭では「殺虫剤を使いたくない!」という奥さまたちを中心にこのところブームが再燃しています。

【関連:毎年恒例「やけど虫」にご用心!が今年も話題】

「ゴキブリに効果あり!」でハッカ油が再ブーム

ハッカ油はインターネットかドラッグストアでゲットできますが、記事の実験では小さいお子さんやペットのいる家庭を想定しつつ比較的手に入りやすい北見ハッカを使用しました。
こちらは天然で無添加のものなので口に入れても大丈夫なので飲料水にも入れられるんだそうです。

※追記:ハッカ油は精油の一種です。猫のいる家庭は使用に注意してください。場合により中毒になることがあります。

中医学の中の生薬でもハッカは大活躍していて、胃の荒れを抑えるのに使われています。また、スーッとする感覚がある反面、実は血管を拡張する効果もあり、血行改善にもつながるそうです。

というわけで、今回はハッカ油を効果的に使う方法をご紹介したいと思います。

■虫よけスプレーになっちゃう!

・ハッカ油=網戸などにかける場合は10滴、肌にかける場合は5滴
・無水エタノール=10ml
・水=90ml

数滴入れる

この材料をスプレー容器に入れてよく振り、網戸や玄関付近、キッチンのゴミ箱周辺に吹きかけておくと蚊やゴキブリを寄せ付けません。今回記事にするにあたって虫が増えてくる5月頃から家中の網戸に吹きかけ実験してみたところ、たしかに例年よりも虫の侵入が減っていました。

ポレスチレン製(PS)の容器だとハッカが容器を溶かしてしまう可能性があるため、例えばポリプロピレン製(PP)、ポリエチレン製(PE)、ガラス製などの容器を使用するようにしてくださいね。

ハッカ水を入れた容器

また、外出時に皮膚に吹きかけておくと虫刺され予防にもなり、タンスやクローゼットの中に吹きかけておくと衣類を食べる虫予防に、そしてお布団にシュシュッとするとダニ除けになっちゃうそうです!

生ごみを入れているゴミ箱の中にかけるとイヤ~な臭いも消してくれる上ゴキブリ除けにもなるから助かってしまいますよね。

■疲れたら首筋や足にかけてリラックス効果あり

お仕事が忙しい社会人にも重宝されている理由が、首筋や足に吹きかけたら血管を拡張してくれるために疲れを緩和してくれるという作用。

小さめのスプレー容器に入れて職場に持っていき、疲れたなあ……と思ったらシュシュッとしてみてくださいね。

■ハンカチに1滴垂らして酔い止めに

車が苦手な人にも重宝されているようです。ハンカチにハッカ油を1滴だけ垂らしてバッグに入れておき、もし気持ちが悪くなったらハンカチを口に当てて空気を吸ってみると吐き気が治まるそうですよ。

■お風呂場でも大活躍

シャンプー1プッシュに2滴ほど加えて洗髪したら、暑い時期は特にすっきりシャッキリします。また、お風呂に直接5滴ほど入れるとお風呂上がりは清涼感に包まれて暑さによる火照りをさっと冷ましてくれるそうです。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。