ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

外国人観光客に東京-品川の1区間だけ新幹線乗車が流行

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2003年は521万人だった訪日外国人旅行者が、昨年は1974万人(日本政府観光局より)と、今や日本は観光大国。

 旅行情報サイト『トリップアドバイザー』の2015年、外国人に人気の観光スポットランキングによると、1位は伏見稲荷大社(京都)、2位は広島平和記念資料館(広島)、3位は厳島神社(広島)。

 日本人もよく訪れる場所だが、なかには、渋谷センター街など「なぜそこが“観光”のスポットなの?」と不思議に思う場所も少なくない。日本人が観光スポットとあまり思わないような場所を紹介しよう。

●新幹線
 世界的に見ても最先端の技術を誇る、日本の新幹線。東京―品川間のわずか1区間だけ新幹線に乗車することが、外国人の間で流行っている。

「特にアメリカ人に人気があります。アメリカはとても広い国なので、国内の移動手段が主に飛行機です。高速走行する鉄道は珍しいのだそうです」(通訳案内士の春名久史さん、以下「」内同)

●防災センター
 災害時、活動指令拠点にもなる、地域の防災センター。地震体験コーナーを設けているところが多く、それが外国人の関心を集めている。

「日本は地震が多く、耐震技術や救助技術が進んでいるイメージがあり、インドネシアやマレーシアといった国の学生が学びにやってきます」

●カップラーメン作り
 大阪の『インスタントラーメン発明記念館』では、自分がデザインしたカップに、お好みのスープやトッピングを選んでオリジナルカップラーメンを作れるが、これが大人気(1食300円)。

「インスタントラーメンは日本で発明されました。『本場でカップラーメンが作れた!』と、感激されます。お土産にされる人も少なくありません」

●カプセルホテル
 箱形の簡易ベッドで寝るタイプのカプセルホテル。外国の雑誌でも頻繁に取り上げられている。外国人観光客は、実物を見ると「宇宙船みたい!」と大騒ぎになるそう。

「お金持ちでも、わざわざ1泊数千円のカプセルホテルに泊まる人もいるほどです」

●イオン
 アジアからの観光客の中には、ブランド店が多いアウトレットよりもイオンに行きたがる人たちがいる。

「日本のローカルストアに行きたいようです。カップラーメンの箱買い、抹茶味やわさび味のお菓子が売れています」

●銀座
「アジアの富裕層にとって、銀座で買い物をするのはステータスなんです。友人から『銀座で買ってきて』と、わざわざ銀座を指定して、宝石や時計などの買い物を頼まれる人がいるほどです」

※女性セブン2016年6月23日号

【関連記事】
中国人 日本のティッシュ・黒烏龍茶・ベビースターが好き
富士そばに外国人観光客殺到 人気の理由に意外な事実判明
年間800杯以上食べる著者が語りつくした究極の「ラーメン本」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP