体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【中古で選ぶ軽】とにかく“室内空間が広い”軽自動車 5選

▲「軽自動車は狭い」なんて今や過去の話! 広い室内空間にこだわりたい方は、「ハイトワゴン」と呼ばれる居住性に特化した軽をチェックしてみましょう

▲「軽自動車は狭い」なんて今や過去の話! 広い室内空間にこだわりたい方は、「ハイトワゴン」と呼ばれる居住性に特化した軽をチェックしてみましょう

中古車ならではの賢い軽選びを

車両価格・維持費も安く種類も豊富な軽自動車は、車購入初体験の人はもちろん、セカンドカー狙いの人にもピッタリな選択。しかし中古車から選ぶ場合、その物件数の多さと下がりづらい相場傾向から、何を基準にどう選べばいいのか迷ってしまいがちです。

今回は、この大海原のような中古軽市場から、編集部のオススメモデルをピックアップしてみました。この記事では、「ハイトワゴン」と呼ばれる居住性に特化した軽からご紹介。室内空間にこだわりたいという方にはピッタリのジャンルです。用途や条件に合わせて、ご自身にピッタリのモデルをチェックしてみてください。(相場はすべて2016年6月上旬の数字です)

抜群の走行安定性! 「ホンダ N-BOX(現行型)」

★相場:70万~180万円

室内が広くて便利なスーパーハイトワゴンですが、重心が高く横風も受けやすいので走行面ではやや不利な部分も。2011年12月に登場したN-BOXはそんな状況を打破してくれたモデルです。抜群の走行安定性を実現し、瞬く間に大ヒットしました。

1アクションで倒せる後席の背もたれはストレスなく便利な空間を作り出し、座面をはね上げればベビーカーを折り畳まずに積むことも可能です。

▲ノーマルタイプとスポーティなカスタムの2シリーズがラインナップ。こちらはノーマルタイプのエクステリア(ホンダ N-BOX)

▲ノーマルタイプとスポーティなカスタムの2シリーズがラインナップ。こちらはノーマルタイプのエクステリア(ホンダ N-BOX)

▲容積を定員で割った1人当たりの空間は、ミニバンにも匹敵する超快適サイズ。2015年2月生産以前のモデルだと後席の前後スライド機能は備わっておらず、それ以降でも装備されていない物件があるため、マストな場合は販売店に問い合わせながら探しましょう(ホンダ N-BOX)

▲容積を定員で割った1人当たりの空間は、ミニバンにも匹敵する超快適サイズ。2015年2月生産以前のモデルだと後席の前後スライド機能は備わっておらず、それ以降でも装備されていない物件があるため、マストな場合は販売店に問い合わせながら探しましょう(ホンダ N-BOX)

乗り降り快適「ダイハツ タント(2代目)」

★相場:30万~140万円

スーパーハイトワゴンブームの立役者ともいえるタント。2代目からは、助手席側がスライドドアになっています。このモデルの一番のウリはセンターピラーレスドア。Bピラーがスライドドアに内蔵してあるため、ドアの開口部が広く乗り降りや積み込みが超楽ちんなんです。

天井にはおむつなどもしまえる収納スペースが設けられているので、子育てママにはかなり便利かも。2010年9月以降はベーシックグレードでもトランスミッションが4ATからCVTに変更されているので、燃費性能も気になる方は後期型をチェックしてみましょう。

▲親しみやすさを演出する丸みを帯びたシルエット・パーツにコンパクトなノーズ、大きくスクエアなキャビンが特徴的(ダイハツ タント)

▲親しみやすさを演出する丸みを帯びたシルエット・パーツにコンパクトなノーズ、大きくスクエアなキャビンが特徴的(ダイハツ タント)

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy