ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

掘り出しものを見つけに「青山陶器市」へ。あえて「1点モノを買う」が楽しい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一脚ずつバラバラの椅子が揃うダイニングテーブル。あ、これ我が家の話です。わざわざすべて同じモノで統一しなくても、お気に入りの椅子を見つけては買い足していく方式。この楽しみ方、普段使いの「うつわ」にも応用が利きますよ。

というわけで、東京・青山で開催される「陶器市」へのお誘いです。椅子もうつわもキホンは同じ。統一感より個性優先。けど、形なのかサイズなのか色なのか、トンマナさえ合わせればあとはOK。

でも、これだって方法論の1つでしかない。だから、「あえての1点買い」がオモシロいんですよね。

バラバラだっていいじゃない
好きなんだもの!

陶磁器をひっくるめて“せともの”という呼び方があります。これは、古くから焼き物の町として有名な愛知県瀬戸(せと)市を形容した言い方。この瀬戸で活躍する作家をはじめ、日本各地から選りすぐった焼き物が、青山に勢ぞろいする2週間。

大小のお皿に猪口、マグカップ、箸置きなど、普段使いできる食器やうつわから、今回の陶器市限定もの、作家さんたちの特別品や、ちょっとワケありな1点モノまで、思わぬ“めっけもん”が見つかるはず。

うつわを気に入るかどうかは、実際に手にとってみないことには分かりません。持ち上げたり、ひっくり返したり、手のなかでなじむかどうか。それを確かめながら、うつわを使っているときの自分をイメージしてみて。

いいんですよ、別にバラバラのうつわを使っていたって。ちょっとくらい重なりが悪くたって気にしない。それよりも、本当に好きなモノが1つずつ集まっていくほうが、きっと楽しいはずだから。

6/23(木)〜7/5(火)
「コト・モノ・ミチ」で開催

会場は、「産地を丸ごと伝える場所」をコンセプトに、地場産業や、産地の職人たちの架け橋となって、日本各地の手しごとを発信するギャラリー「コト・モノ・ミチ」。

【概要】
「青山陶器市」展
開催期間:2016年6月23(木)〜7月5日(火)
時間:11:00〜20:00(6/23は19時まで、最終日は17時まで)
場所:coto mono michi at TOKYO(コト・モノ・ミチ)
住所:港区南青山5-2-16 青山フレックスA

Licensed material used with permission by 青山陶器市

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP