体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Levi’sの次世代型デニムジャケット。秘密は「袖」にあり

Levi’sがGoogleと共同開発を進めてきた次世代型ウェアラブルジャケットが、いよいよ2017年春リリースとなるようです。創業140余年、デニム業界の雄とテクノロジーの注目コラボ。サイクリストに嬉しい機能が満載です!

アメリカン・アイコンが挑む
“着る”デバイス

Levi’sの次世代型デニムジャケット。秘密は「袖」にあり

これが開発中のデニムジャケット。一見、これまでのモノとの違いを……言えませんよね?じゃあ、内側に秘密が?いえいえ、秘密は繊維のなか。

でも、難しい話はさておき、まずは実際にこのジャケットをサイクリストが着たらどうなるか。動画でチェックしていきましょう。

ジャケットを
ウェアラブルにする?

Levi’sの次世代型デニムジャケット。秘密は「袖」にあり

たとえば、Bluetoothで接続しているスマホで目的地を検索。もちろん、スマホはもう出番なし。音声ナビゲートはイヤホンを通して。あとはナビがジャケットと連動して、目的地まで案内してくれるから。
Levi’sの次世代型デニムジャケット。秘密は「袖」にあり

いざ、ライドオン!
Levi’sの次世代型デニムジャケット。秘密は「袖」にあり

ジャケット左手の袖口にある突起をポンポンと、これだけでルートが変更。
Levi’sの次世代型デニムジャケット。秘密は「袖」にあり

袖をスワイプすれば、周辺情報が音声で案内されたり。近くのカフェでちょっと小休止、なんてときにも検索のたびに止まる必要はありません。
Levi’sの次世代型デニムジャケット。秘密は「袖」にあり
Levi’sの次世代型デニムジャケット。秘密は「袖」にあり

ほかにも、ボタンに触れることで電話に出ることも(着信拒否も選択可)、スワイプで音楽を変えることだってハンドル片手にできてしまうようです。

そもそも、スマホを手に“ながら運転”はどうしたって危険だし、サイクリストからしても煩わしいもの。たとえそれがスマホホルダーだったとしても。

そこへ行くと、このジャケットは安全性も快適性も同時に手に入る。まさに、サイクリストにうってつけの“着る”ウェアラブルデバイスというわけ。

導電性の糸で
センサーを編み込んだデニム

Levi’sの次世代型デニムジャケット。秘密は「袖」にあり
Levi’sの次世代型デニムジャケット。秘密は「袖」にあり

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。