ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

100年の歴史の重厚感!鉄道の廃材をアップサイクルした家具がかっこいい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どっしりとした重厚感を醸し出すこちらの卓球台…。

しかしよく見れば、少し変わったデザイン!?

それもそのはず、この卓球台に使用されているのはすべて、実際に使用されていた鉄道の部品

19世紀から20世紀中ごろにかけて、テネシー州で鉄道を運行していたTennessee Coal and Iron Companyという鉄道会社の資材をアップサイクルしているんです。

部品の中には、100年以上経過しているものもあるというから驚きです!

このユニークな販売しているのは、テネシー州に本拠地を構えるRail Yard Studios。

長い時間使われる中で風格と美しさを増した木材や鉄の部品が、簡単に捨てられている現状に心を痛めたデザイナーが設立した家具工房です。

天板を支える脚は客車に使われたオークとヒッコリー材。

ネットや台枠には列車を支えたレールなどが使用されています。

価格は1万3995ドル(約168万円)とかなりお高めですが、歴史と希少価値を考えればその価値もあり!?

他にもテーブルやデスクなどがラインナップされていますので、ヴィンテージ感のある家具を探している人にはぴったりかも。

公式サイトから購入できるほか、欲しい家具の相談にも応じてくれるので、我こそは!という人はオーダーしてみては?

Rail Yard Studios
http://www.railyardstudios.com/

家具(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP