ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「macOS Sierra 」正式発表。オートロック、Siri、クリップボード共有などを搭載

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

本日開催されたWWDC 2016で発表された「macOS Sierra」OS X のバージョンアップという位置付けとなり様々な新機能が搭載されました。

Apple Watchを使って自動ログインが可能に

Apple Watch を身に着けていると、自動的にログイン出来る「オートアンロック」機能が搭載されました。

iOSデバイスでコピーテキストが提携可能に

iPhoneでコピーしたテキストを、新機能「ユニバーサルクリップボード」を使って簡単に共有出来るようになりました。また画像&動画も貼り付ける事が出来ます。

iCloudを使った自動ストレージ調整機能

あまり使用頻度の低いファイルや、全く使わなくなったファイルをiCloudへ自動的に転送されるようになりました。
例えば残り20GBのMacを、自動処理で150GB空けることも可能に

Apple Playがブラウザで可能に

ついにApple PlayがMacにもやってきました。Phoneの指紋認証(Touch ID)でショッピングが出来るようになっています。ちなみに「Apple Pay」の新たに利用可能になった国が発表されましたが、日本は含まれていませんでした。

・全てのアプリがタブ化になった

以前はFinder、Safariでしか使えませんでしたが新たにサードパーティアプリへのタブ化が行われるようになりました。

・ピクチャ・イン・ピクチャに対応

「ピクチャ・イン・ピクチャ」とはYouTubeなどの動画を画面の片隅に置ける機能です。iPhoneではすでにお馴染みの機能ですね。

「Mac版 Siri」がついに登場!

リーク時からすでに噂されていた通り、ついにMacでもSiriが使えるようになりました。Siriで「〜のファイル探して」と伝えると、iPhone版よりも細かいファイルをMac内で検索してくれます。DockにあるSiriアイコンをクリックすると使えます。

今秋にリリースされ、プレビュー版は本日より開始

開発者向けのプレビュー版は本日から開始されました。パブリックベータプログラム版は7月頃に登場し、今秋にもリリースされる予定です。

記事配信元:ガジェットブログ[NS Try]

関連記事:

次期MacBookにはLTEモデルが登場か?➖Appleが特許を取得
「OS X El Capitan 10.11.5 Beta 4」が公開(開発者向け)
iOSアプリ「Apple Store」がVer.3.71にアップデート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
nstry.topの記事一覧をみる ▶
nstry.top

記者:

スマホ・パソコン・アプリなどのガジェット情報を取り入れている総合情報サイトです。「満足度を高めた記事をお届けしたい」を目標として毎日更新中。

ウェブサイト: http://nstry.top

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP