ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水原希子 夢を叶えるには「人に話すことが大事」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 撮影用に用意した額縁を渡すと、こちらが想像もつかなかったようなポーズや表情を次々に決めていく水原希子(25才)。

 映画『高台家の人々』では、人の心が読めるテレパシー能力を持つ高台家の長女、茂子役を演じている。

「高台家のきょうだいはテレパス同士なので、口を開かずに心の中で会話するんです。だから会話の間というか、タイミングを計るのが難しかったですね」

 そんな難しいお芝居も、共演陣との和やかな雰囲気のおかげでスムーズだったとか。

「約1か月の短い撮影期間でしたが、すごく和気あいあいとしていて。綾瀬(はるか)さんがとってもピースフルなかたなので、それも影響していたのかも。弟役の間宮祥太朗くんとは男友達のような感覚で仲良くなれて、楽しかったです」

 綾瀬演じるヒロインの木絵は妄想癖がある女性だが、自身も妄想が止まらなくなるようなときがあるという。

「飛行機の中って退屈だから、好きな歌で自分を主演にし、ミュージックビデオを頭の中で流してます(笑い)。ダンスが好きなので、いつか踊る役を演じてみたいんです」

 そんな夢を、ひとつひとつ叶えてきたように見えるが、夢を叶えるルールは?

「人に話すことが大事。言葉にすることで責任感が生まれて、自然に目標に向かって行動できるようになるから。あとはできる範囲でいいから、少しずつがんばること!」

撮影■嶋野旭

※女性セブン2016年6月23日号

【関連記事】
大地震の巨大津波対策 車で避難する場合には必ず窓を全開に
朝ドラ新ヒロイン波瑠 純白の衣装で伏し目がちな美しい笑顔
藤原紀香 愛之助も出演する新ドラマで新米バスガイドに挑戦

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP