ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

麦茶市場で不動の強さ見せる伊藤園 ブームは今年も続くのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 異常気象の影響で、今年の夏も猛暑が続く可能性が高い。熱中症予防の重要性も増す中、ここ数年、売れ行きが絶好調なのが「麦茶」だ。最近では冷たい麦茶を使って作るお茶漬けのもと(永谷園の『冷やし麦茶づけ』)まで発売された。

 五大栄養素のひとつであるミネラル入りの麦茶には、体内にこもった熱を体外に放出させる作用や、熱中症対策に有効とされる血流改善効果も報告されている。

 巷には素早く水分補給ができるスポーツドリンクやミネラルウォーターなどの飲料も数多く売られているが、麦茶人気はやはり根強い。

 総合マーケティング支援を行なうネオマーケティングが20~69歳の男女1000人に聞いた調査(5月30日発表)でも、「夏の飲み物でイメージするものは?」の質問に対し、じつに90.8%の人が麦茶と回答した。さらに、夏場に常備する飲み物として麦茶を挙げた人も74.2%と圧倒的だった。

 ペット(PET)ボトル入りで大容量の麦茶が低価格で購入できるとあって、ティーバッグから煮出して常備する家庭は昔に比べて減ったが、その代わりにPET麦茶の出荷量は今でも伸び続けているというから驚きだ。

 飲料総研によると、PET麦茶のナンバーワンブランドは、伊藤園の『健康ミネラル麦茶』。その歴史は2002年に前身の『天然ミネラル麦茶』を発売したことに始まるが、2009年に1030万ケース(1ケース=約500ml×24本換算)だった出荷量は年々二ケタ増を続け、2015年は2740万ケースにまで増えた。

「麦茶ブランド全体の出荷量は約4800万ケースほどなので、伊藤園は約57%のシェアを握っていることになります。

 しかも、健康ミネラル麦茶は昨年、日本コカ・コーラの『爽健美茶』(2720万ケース)やサントリー食品インターナショナルの『烏龍茶』といった他の茶系メガブランドをついに抜き去りました」(飲料総研の宮下和浩取締役)

 ちなみに、2位の『GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶』(サントリー)、3位の『六条麦茶』(アサヒ飲料)も2015年の出荷量は前年より大幅に伸びているが、その数量はそれぞれ890万ケース、540万ケースだったことを見れば、いかに伊藤園の麦茶が強いかが分かるだろう。

 では、麦茶人気はこの先も続いていくのか──。前出の宮下氏は過去の“お茶ブーム”の変遷を振り返りつつ、「少しずつ落ち着いていくのでは?」と予測する。

「1990年代は『爽健美茶』や『十六茶』(アサヒ飲料)などのブレンド茶が、〈体に良さそう〉〈苦味がなくて飲みやすい〉という理由から売れた時代でした。

 それが2000年代に入ると、一転して〈日本人はやはり緑茶が一番〉〈苦味は旨み〉と再認識され、『生茶』(キリンビバレッジ)が大ヒット商品になりました。しかも、緑茶に含まれるカテキンには脂肪吸収を抑える働きもあり、体にも良さそうだと。そこでブレンド茶の存在価値がどんどん低下し、麦茶にまで人気を奪われていったのです。

 麦茶は熱中症や生活習慣病予防、ノンカフェインで子供にも安心というイメージが広がったおかげで、今後も一定の人気は保っていくと思います。増量ペットボトルが登場しておトク感もありますしね。

 ただ、ここにきて『爽健美茶』をリニューアルしたり、ご当地ブランドの『十六茶』を出したりするなど、各飲料メーカーがブレンド茶の復活を目指してテコ入れをしています。ブームが一周したところで、再び茶系飲料の人気カテゴリーが変わっていく可能性はあります」(宮下氏)

 麦茶は様々な健康効果が期待できる一方で、他のお茶類と比べて抗菌作用が少ないため、一度キャップを開けてしまうと、たとえ冷蔵庫に入れておいても痛みやすいといった“難点”もある。

「夏の定番飲料」を巡る戦いが熾烈になってくれば、不動の麦茶ブランドを持つ伊藤園といえども油断はできないだろう。

【関連記事】
熾烈なペットボトル日本茶市場「お~いお茶」の牙城崩すのは
15年で市場半減のウーロン茶離れ 国産登場で歯止めかかるか
麦茶は隠れたヒット商品 30年間右肩上がりの増産が続く理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP