ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大谷翔平 MLBでは投手より打者として評価する関係者も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 交流戦に入り、日本ハム・大谷翔平(21)の二刀流の切れ味が増している。投げては、6月5日の巨人戦で日本球界最速となる163kmを叩き出し、完投勝利。打っては、17試合連続安打を記録するなど、絶好調。この活躍ぶりに球界のご意見番で、二刀流反対派だった野村克也氏も、「大谷よ、球界の常識をぶち破れ!」と、ついに二刀流を後押しする発言をした。

 だが、大谷が活躍するほどに気になるのが、メジャー挑戦のタイミングだ。もともと大谷は高校卒業後即メジャー挑戦を希望していた。それを日ハムがドラフト会議で強行指名し、交渉の末に入団したという経緯がある。その際、大谷と日ハムの間にはメジャー移籍に関する、ある取り決めがあったといわれている。スポーツ紙記者が明かす。

「メジャー志望が強かった大谷が日ハム入団を決めたのは、“本人がメジャー移籍を希望すれば、球団は速やかに検討する”といった密約が交わされたからだといわれています。大谷の意思次第では、今オフにも日本球界を去る可能性はある」

 日ハムは今シーズンの開幕前、業務提携するメジャーのサンディエゴ・パドレスのキャンプ地(アリゾナ)でキャンプを行なっている。練習場にはパドレス以外のスカウト陣も訪れ、大谷を投打にわたりチェックした。そのキャンプは、「メジャー移籍に向けた品評会なのでは?」と見た日本球団関係者もいたという。

 日本野球機構(NPB)が定める現行のシステムでは、選手自身が望んでメジャー移籍する場合、9シーズンの出場登録を経て、初めて移籍可能な権利(FA権)が取得できる(国内は8シーズン)。しかし、在籍球団が容認し、メジャー球団が一定の入札金を支払うポスティングシステムを用いることで、9シーズンを待たずして移籍交渉は可能となる。

 2006年にボストン・レッドソックスに移籍した松坂大輔の入札額は約5111万ドル(約54億1800万円 ※レートは現在。以下同)。2012年、テキサス・レンジャーズに移籍したダルビッシュ有は、さらに上をいく約5170万ドル(約54億8000万円)が球団に支払われている。2013年には入札額の高騰を理由にメジャー側からの要望で、2000万ドル(約21億円)という上限が設定された。この額で大谷を入札できるのなら“お買い得”だ。

 大谷の現在の評価をメジャーリーグ研究家の福島良一氏が分析する。

「大谷の投手としての評価はメジャートップクラス。年俸は7年総額1億7550万ドル(約186億円)で契約した、ヤンキースの田中将大を上回ってもおかしくありません。メジャーでは年々投手の球速が上がっており、常時95マイル(152km)を投げる投手は増えていますが、100マイル(160km)を超える投手は少ない。大谷は、その一部の投手として評価されています」

 また、日ハムOBでメジャー中継の解説者として知られる高橋直樹氏は、「メジャー関係者の間では、投手より打者としての評価が高いという声もある」と明かす。となれば、期待されるのはメジャーでの二刀流だ。

「大谷の打力を活かすのであれば、DH制を採用しているアメリカン・リーグではなく、投手も打席に立つナショナル・リーグがいい。ドジャースやカブス、そして業務提携を結ぶパドレスが有力です」(前出・福島氏)

※週刊ポスト2016年6月24日号

【関連記事】
大谷翔平 「本気でメジャー目指すなら打者は諦めるべき」の声
MLB球団スカウト 大谷翔平に「早く投手に専念してほしい」
栗山監督 花巻東・大谷の3年後ポスティング移籍容認の証言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP