体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニモに会えるかも♡無料でグレート・バリア・リーフに泊まれるキャンペーンが開催!

日本で7月16日に公開されるピクサー映画「ファインディング・ドリー」。2003年に公開された「ファイディング・ニモ」の続編です。

この映画の舞台は、美しい珊瑚が魅力的なオーストラリアのグレート・バリア・リーフ。

世界中の部屋のシェアサービスを提供するAirbnbは、そのグレート・バリア・リーフに浮かぶベッドルームに泊まれるキャンペーンを発表しました!

 

壮大な自然の中のお部屋

d16248-19-610955-2

photo by prtimes.jp

到着したゲストを迎えてくれるのは、サンゴ礁地帯に浮かぶ船の上で子ども時代を過ごしたというホスト。海洋生物学者チームと共に、リーフでの暮らしについて語ってくれるそうです。

目の前には広く透き通った美しい海!自然に囲まれて過ごすことができるなんて、すごく贅沢ですね。

 

まるで映画の世界に入り込んだよう…

shutterstock_271859441

photo by shutterstock

ニモやドリーが暮らすグレート・バリア・リーフには、ほかにも100種のクラゲ類、3,000種の軟体動物類、無数の魚類、133種のサメ・エイ類、30種以上のクジラ・イルカ類が暮らしているのだとか。

「踊りましょ♪」なんて愉快に歌うドリーの歌声も聞こえてくるかも!目の前には「ファインディング・ドリー」の世界が広がります。

 

「ニモのジョークは禁止だよ」

shutterstock_401077720

photo by shutterstock

実はこのお部屋には「ニモのジョークは禁止」や「クジラのようにしゃべる」など、ちょっとユニークなルールが。

こちらに泊まる際には、きちんと守ってくださいね!(海がめ13種、全部探すのは大変そう…!)

・クラウンフィッシュ(ニモ)のジョークは禁止だよ。
・アネモネは保護しようね。
・クジラのようにしゃべること。
・オオシャコガイを探そう。
・この辺りに生息する海がめ13種を全部探そう。
・ベッドから落っこちる際には、酸素マスクをお忘れなく。
・アシカに大声で吠えないこと。

 

キャンペーン詳細はこちら

d16248-19-779067-3

photo by prtimes.jp

<当選賞品>

・オーストラリア・グレート・バリア・リーフの宿泊1組4名様まで1泊
※ご家族様でも大丈夫なように、クイーンサイズのベッドの他、二段ベッドをお子様用にご用意しています。
・オーストラリア・ケアンズへの往復航空券

<応募期間>

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy