ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

装着するだけでストレスの原因を細かく計測!解決プログラムまで提案するデバイス「WellBe」に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現代人の大敵、ストレス。ひどくなると、心身の健康を損ねることになりかねない。日頃からストレス過多を実感しているなら、早めの対策を講じるのが吉だ。

そうは言っても、自分がいつストレスを感じているか、その度合いがどれほどのものか、自覚できる人は少ないと思う。そんなとき役立つのが、この「WellBe」。手首に装着するだけでストレス原因を表示。解決策まで提案する、世界初のストレスセラピーブレスレットだ。

・ストレスや心拍数を場所、時間、人ごとに計測

ブレスレット型デバイスとアプリのセットで使用する「WellBe」。特許出願中の特殊なアルゴリズムによって、ユーザーの心拍数やストレス、穏やかレベルを測定。それを場所や時間、出会った人ごとに計測していく。

しかし、本品のすごさは測定だけにあらず。ストレスのトリガーを見つけつつ、それを解放するためにさまざまな手段を提案してくれるところにある。

・心身を健康に導く多彩なプログラムを用意

提案されるプログラムは、瞑想、呼吸法、イマジネーションガイド、パーソナライズプログラム、音楽のプレイリスト。

アプリ内には、有名な指導者監修による、“幸福で健康的な状態を日常化するプログラム”を多数用意。7、14、21日間プログラムがあるので、そこは自分の状態に合わせて、期間を選べばいい。

ブレスレットの主な素材は、コルク。肌に刺激を与えず、軽量で耐久性にも優れている。ストレスセラピーらしい優しい気遣いは、こんなところにも表れているのだ。

製品は現在、Kickstarterで公開中。早くも、予定金額の2倍近くを達成している。掲載は、7月16日まで。プレオーダーは、109ドル(約1万1,600円)から受け付けている。

WellBe/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。