ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ガーナで無謀にも起業しようとした時に言われた、現地人からの「お叱りの言葉」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大学卒業後、何の強みもなし、就職歴もなし。

そんな半人前がアフリカ・ガーナへと飛びました。私はもともと西アフリカが好きで、在学時代からここを何度も訪れていました。

「ここの人たちとビジネスをつくりあげたい」という気持ちはあったのですが、日本にいる限りでは、ただの妄想で終わってしまいます。

そのような理由から、現地に行って自分を焦らせることにしたのです。

現地で無謀にも起業しようとして、ガーナ人、また周辺国の人々から、頂いたのは「学び」と「お叱り」の数々!(言ってしまえば、叱られっぱなしです!)

オブラートに一切包まれていない言葉は、今でも心にイイ感じに突き刺さっています(このトゲは一生抜けない気が…)

それでは、ストレート過ぎて、決して忘れることのできない言葉の数々をご紹介しましょう。

 

「騙されるのは、信頼されていない証拠」

photo by  Shunya Ohira

ビジネスにがんがん打ち込むガーナ人との話でした。

「なぜ、日本人は西アフリカで騙されて終わるのか?」と質問をしてみました。

というのも、私が知る限り、西アフリカでは現地の人とうまくビジネスをつくることなく、ただ騙されて挫折する日本人や企業が多いからです。

 

帰ってきた答えは、「騙されるのは、信頼されていない証拠」。

 

その通り…。たしかに、信頼を獲得できていない自分の責任…。アフリカ全域で言えることだと思いますが、信頼はもの凄く重要です。

ただ、うわべだけの関わりをしようとしていると、すべて見透かされてしまうのです。人間味の溢れる世界が広がっているのですね。

 

「どうせ帰ったら、連絡もなくなるだろう」

photo by Shunya Ohira

ビジネスの情報収集として、ガーナを離れ西アフリカの国々を旅している時に出会った、シエラレオネ人からの一言。

 

「どうせ帰ったら、連絡もなくなるだろう」

 

私が「これからもFacebookで連絡を取りましょう!」と言った後に放たれた言葉でした。正直、“グサリ”と心臓に突き刺さりました。思い当たる節が、いくらかあったのでしょう。

 

日本とアフリカ。遠いその距離を埋めるのは、日常的なコミュニケーションです。

もし日本に帰ったら、そのまま「まあ、いいか」という怠けで返信をしなくなってしまう自分を想像しました。そんな意識では、ここでは仕事ができませんね。

 

「よそ者でいる限り、中には入れないぞ」

photo by Shunya Ohira

ガーナで初となる、ゴミリサイクルビジネスを考えていたときのことです。地元で手芸品をつくることができる人に、片っ端から話を聞いていました。

ある男性の工房を訪れてビジネスの説明をして、時間をもらえないか聞いてみました。

 

その時の返事は、「お前は、中国かどこかから来ただけだろう。よそ者でいる限り、中には入れないぞ」

 

そうです、私はただのよそ者です。(中国人ではありませんが、区別できないのは仕方がないことですね…)

暇つぶし程度に視察に来た、見知らぬ男だと思われたのでしょう。本格的に、近くに居住しなければ、コミュニティの中には入って行けません!

通算滞在歴が1年を超えましたが、まだまだ不十分です!

 

「黙って、お金を払いなさい」

photo by  Shunya Ohira

私が大事なパートナーとして接していた人からの一言でした。正直、このような人が多く居るかと言えば、そうではありません。

でも、この言葉は強烈でした。

自分は、金づるとしか思われていなかったということですね。これもまた、先ほどの「信頼を獲得できていない」という話に繋がってきます。

「うそ?」としか言えない瞬間ですが、相手が誰であろうと油断するなということですね。

 

「結局、馬鹿にしているだけだろ」

photo by Shunya Ohira

ガーナの人々と話をしていると、どうも怠慢になることがあります。完全に自分のせいなのですが、全体としての空気がゆっくりしていることも理由の1つです。

 

散々「では、詳細を送りますね!」と言ったにも関わらず、その件が遅れ「結局、馬鹿にしているだけだろ」とお叱りを受けました。

 

これを真っ正面から言ってもらえるだけ、有り難い限りです。

相手のゆるゆるとした空気を許しつつ。

自分はテキパキと日本人らしく動く。

「人に甘く、自分に厳しく」の究極のかたち!

 

「日本人とガーナ人」という枠組みを超えること

photo by  Shunya Ohira

結局、自分が中途半端な関わり方しかできない限り、ガーナの人は心を開いてくれないということ。まだまだ、「アジアから来たやつ」くらいとしか思われていない。

ここガーナ、西アフリカの周辺国では、表面上のビジネスは成立しません。

これは、極めて高いハードルでもありますが、むしろ、人と人との繋がりを大事にする文化の現れでもあるはずです。

ここでの話はビジネスを通したものでしたが、観光だけでも、「心地よくて泥臭い人間味」が感じられるはずです。

これらの国の人は、正直にズバズバと言ってくれます。

「自分の心を見透かして欲しい」、「正面からドーンとぶつかってくれる誰かが欲しい」というあなたには、ガーナを中心として西アフリカの旅行がお勧めかもしれませんよ。

@Shunya_Ohiraは、YOSO-Walkにて、アフリカを中心とするビジネスや海外移住の情報を更新しています!

関連記事リンク(外部サイト)

卒業前にやり忘れた事ない?卒業旅行はバックパッカーで一人旅に挑戦してみよう!
東ヨーロッパで一番古い都!ウクライナ・キエフのおすすめ観光スポット10選
旅をしながら仕事はできる?旅をしながら稼げる6つの職業
パスポートを紛失・盗難した時の対処法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP