体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

RIP SLYME ツアー【Tour of Ten】映像作品ジャケット&超豪華コンテンツ内容発表

RIP SLYME ツアー【Tour of Ten】映像作品ジャケット&超豪華コンテンツ内容発表

 2015年10月30日より2016年1月10日まで行われたRIP SLYMEのツアー【Tour of Ten】。日本武道館で行われたファイナル公演の映像化は発表されていたが、そのジャケット写真とスペシャルコンテンツの内容が発表となった。

 17都市20公演、全動員5万人を動員することとなった【Tour of Ten】は、2015年9月30日にリリースされたRIP SLYMEの10thアルバム『10』を引っさげて行われた。公開された映像作品のジャケット写真も『10』にちなみ、同アルバムでデザインされた“熊手”の各パーツが斜めに均等に並べられたデザインとなっている。初回プレス盤は、デザインされた絵柄の部分が浮き彫りになった加工(エンボス加工)=「凹凸テンテン」仕様となっている。

 そして収録される全4つのスペシャルコンテンツの内、1つ目は「FESTIVAL LIVE FILMS」。2001年の【ROCK IN JAPAN FESTIVAL】、2004年の【FM802 MEET THE WORLD BEAT】、2008年~09年の年を跨いでのパフォーマンスとなった【COUNTDOWN JAPAN】、2013年の【京都音楽博覧会】よりライブ映像がそれぞれ1曲ずつ、計4曲収録される。

 2つ目は「ORIGINAL SHORT MOVIE」として既に収録が予告されていたコンテンツで、TOKYO FMをキー局に全国9局で放送されているレギュラーラジオ番組『RIP SLYME SHOCK THE RADIO』をこの作品のために映像化。ユニークなゲストたちを迎えて繰り広げられるトークバラエティー番組となっている。

 そのほか、2015年に公開された4曲のミュージックビデオとメイキングMIX集が収録される「MUSIC VIDEOS」に加え、RIP SLYMEにとってキャリア初となるオーディオコメンタリー(副音声)が決定。「Tour Of Ten オーディオコメンタリー」にはメンバーの5人は勿論、ゲストにメンバー全員が尊敬してやまない大先輩の宇多丸(RHYMESTER)とBose(スチャダラパー)も参加するなど、豪華内容となっている。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy