ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有名プロデューサーがアデルに謝罪、“9割はPCでイジッた声”発言へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 有名プロデューサーのトニー・ヴィスコンティがイギリスの新聞とのインタビューで語ったアデルに関するコメントについて、謝罪を行った。

 ヴィスコンティはThe Daily Star紙に対し、「ラジオをつけても90%はコンピューターでイジッた声を聴いているのさ。アデルは素晴らしい声だと認識しているけど、はたしてそれが実際の彼女の声なのか、もしくはどのぐらい操作されたものなのかは疑問だ。我々には分からないよ」と話していた。

 6月8日に掲載されたこの話は音楽ニュースサイトで勢いよく広まっていき、アデル自身の耳にも入ったようだ。翌9日に投稿されたあるビデオを見ると、アデルはパリのAccorHotels Arenaのオーディエンスに対し、「幾つかのおバカさんが、レコードでの私の声は私のものじゃないと言いたいみたいだけど……まったく、クソったれね」と話しているのが確認されている。

 これを受け、ヴィスコンティは米ビルボード向けにステートメントを送り、「ラジオで流れているものへの考えを言った事が誤解され、私の届かない間違った方へと行ってしまい申し訳なく思います。もしアデルが私のコメントに不快感を抱いているならば、それはまったく私の意図ではありません」、「アデルは素晴らしい声の持ち主であり、何百万人もの喜びをもたらしている」などと述べている。

 現在、イギリスのタレント番組『Guitar Star』で審査員を務めているヴィスコンティは、デヴィッド・ボウイの長年のプロデューサーとして知られるほか、T・レックスやイギー・ポップ、モリッシーなどとも仕事をしてきた人物だ。

 『Guitar Star』の2ndシーズンは、SkyArtsネットワークで6月14日から放送開始。一方のアデルは11月まで続くワールド・ツアーの真っ最中だ。

関連記事リンク(外部サイト)

トニー・ヴィスコンティ率いるスーパー・バンドがデヴィット・ボウイ『世界を売った男』の再現ライブを7月開催
アデル、機材トラブルに見舞われた【グラミー賞】パフォーマンス
アデル、ビデオ撮影しているファンをステージ上から注意する

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP