ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【東京おもちゃショー2016】手をかざせば認識する記憶ゲーム『サイモン』の最新型『サイモンエア』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


6月9日から12日にかけて東京国際展示場(ビッグサイト)で開催された『東京おもちゃショー2016』。タカラトミーは、1970年代に流行した記憶ゲーム『サイモン』の最新型『サイモンエア』を出展しました。

赤・青・黄・緑のボタンが音を出しながら発光し、順番を覚えて押していく、というゲーム内容はそのままですが、『サイモンエア』はボタンを押さずに、手をかざす“エアタッチ”で認識してくれます。未来っぽい!


従来どおり、ひとつずつ増えていく光を記憶していくゲームモードのほか、全16ステージのクリアを目指すモード、2人で向かい合って協力プレイで遊ぶモードの3種類のゲームモードを搭載。ブースにはデモ用に、巨大サイズの『サイモンエア』も展示されていました。『サイモンエア』は10月の発売予定。価格は3500円(税別)です。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。