ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】小保方晴子が「あまりにも美人すぎる」と男性たちから大絶賛 / 着てるワンピースは12万円の高級志向

DATE:
  • ガジェット通信を≫

理化学研究所の元研究員であり、STAP細胞の研究を進めている小保方晴子さん(32歳)が、男性たちから「あまりにも美人すぎる」と大絶賛されている。モデル級のプロポーション、女優級の美貌、そしてアニメ声優級の萌え声、すべてにおいて日本人男性のハートを虜(とりこ)にしているのだ。

・女としての小保方晴子
2016年1月29日、小保方さんは講談社から手記として「あの日」を発売。そのときは文字だけで自身の姿は露出しなかったが、2016年5月に発売された中央公論新社の雑誌「婦人公論」で、僧侶の瀬戸内寂聴さん(94歳)と対談。STAP細胞騒動の会見では見ることができなかった、小保方さんの「女としての小保方晴子」を見せた(魅せた)のだ。

・対談中に涙を流す
寂聴さんはインターネット上でも非常に人気のある人物で、特にインターネット掲示板「2ちゃんねる」では老若男女に人気のある人物。2ちゃんねるでは「落ち着きたいときに「寂聴」と書き込めば落ち着ける」と言い伝えられており、それを実践する者も少なくない。そんな寂聴さんの言葉に心がほぐれたのか、小保方さんは対談中に涙を流すなど、心を揺れ動かされたようだ。

・興奮する夜を過ごす男性たち
この対談のようすは写真でも掲載されており、あまりにも小保方さんの容姿が美しかったため、女性向け雑誌であるにもかかわらず、多くの男性が「婦人公論」を購入。小保方さんのモデル級のプロポーション、女優級の美貌、スタイリスト級のファッションセンス、そして頬を赤らめて涙する姿に、興奮する夜を過ごしたという。

・「レッドヴァレンティノ」のワンピース
この日、小保方さんが着用していた服は、ヴァレンティノのカジュアル路線を追求した新ブランド「レッドヴァレンティノ」のワンピース。ビーズによる刺繍がキュートな逸品で、湾曲した襟がファビュラスマックス。価格は約12万円でイタリア製である。小保方さんの美しさを盛り上げるファッションとして、ふさわしいワンピースといえるだろう。

・深い傷を負う無防備なハート
この「婦人公論」の対談、どうしても小保方さんの美しさに目が行きがちだが、何よりも注目すべきなのが、小保方さんが今まで抱えてきた苦悩と、それを乗り越えつつあるいまの心境だ。彼女はいたって普通の女性。特別な人物ではなく、可憐な乙女であり、野に咲く一輪の花、いわゆるフラワー。世間からバッシングを受ければ、それだけ深い傷を負う無防備なハートなのだ。

そんな小保方さんが、いま「鉄の鎧」を身にまとい、今後の人生を強く、一歩一歩、前に進もうとしている。そんな彼女の状況の断片を知ることができる、貴重な対談と言えるだろう。寂聴。

もっと詳しく読む: 小保方晴子さんがあまりにも美人すぎる(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/06/13/obokata-haruko-jakucho/

婦人公論

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP