ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Appleが電力事業に進出!1600億を投資しクリーンエネルギーで顧客の需要に応じる構え

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Apple製品を巷で見かけない日はない。今や誰しもが、あのリンゴのマークを知っている。そんなAppleが、ついに電力事業に参入した。

もちろんAppleのことだから、目指すものはクリーンエネルギーだ。最新のソーラーパネル装置による太陽光発電所を建設するという。

・500メガワット以上を太陽光で

Appleの電力事業子会社は、『Apple Energy LLC』という名称になる。現時点で明らかになっている計画によれば、この子会社で総発電量512メガワットの太陽光発電所を運営するという。

Appleはこのクリーンエネルギープロジェクトを開始するにあたり、今年初めに15億ドル(約1600億円)分の債券を発行している。

・今夏にはサービス開始か

この計画は現在、アメリカ連邦エネルギー規制委員会へ書類提出を行っている最中である。従って、今の時点ではまだ認可されてはいない。

だが認可が下りれは計画に弾みがつくのは確実で、独自の太陽光エネルギーは一般のみならず法人向けにも販売されるという。

インドネシアの有力紙Kompasの独自調査によると、Appleの太陽光エネルギーは各種工場にも提供されるとのこと。

そしてAppleは、早ければ今年8月5日にも電力提供サービスを開始するそうだ。これは連邦エネルギー規制委員会の書類審査期間と重なる。「電力イノベーション」の足音は、すぐそこまで近づいている。

The Verge

Kompas

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP