ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

築35年の家 子供が独立し「減築」で2階部分を撤去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2人の子供が数年前に独立し、70代の夫と高齢の母親の3人で暮らす福岡県在住のMさん(60代)。

 築35年になる2階建ての家の特徴である、急こう配の屋根と大きな壁は、風の影響を受けやすく、台風などで家全体が大きく揺れたこともあり、2005年の福岡県西方沖地震の影響で屋根が傾いていた。

 それに、最近では雨漏りやすきま風に悩まされるなど老朽化も感じていたため、子供の独立を機に、家屋全体の補修と耐震性を高めるためのリフォームを考え始めたという。

 これから介護が必要となるかもしれない母親のことや、自分たち夫婦の老後も考え、新築に建て替えるか、外観を変えずにリフォームするか、数か月かけて検討した結果、Mさんが選択したのは、住友不動産の、古い住まいを一棟丸ごと再生する“新築そっくりさん”。不要になった2階部分を撤去し、すべてが1階で完結するよう生活空間を集約させ、平屋にした。増築ならぬ「減築」前は、約214平米あった建物面積を、平屋にすることで約135平米まで減築。耐震補強とともに対風圧力を高め、強固な建物構造に改善することができた。総費用は約2700万円だった。

 ポイントは2階部分を撤去して減築したことだ。

「2階を減築する場合、屋根と2階部分を撤去し、さらに屋根の葺き替えが必要となるため、単なるリフォームよりは費用がかかります。しかし、これにより雨漏りや屋根の傾きを改善でき、家全体のメンテナンスもできました。2階を残したままでフルリフォームするより、費用は抑えられたと思います」(担当した住友不動産広報担当者)

 さらにMさんの場合、4tトラック2台分もの荷物を処分したが、家の左側上部の屋根を残してロフトに変え、収納場所として活用することで、必要な荷物を収納するのに充分なスペースを確保できた。平屋の特徴を生かした大きな天窓からは、中央の洋室にも充分に日光が届き、明るく落ち着いた空間になっている。

「最初から減築ありきというより、どういう暮らしをしたいのかを考えた上で減築を選択するのが、もっともしっくりいく場合が多いんです。減築は、これからを快適に暮らすためのキーワードのひとつだと思います」(住友不動産広報担当者)

※女性セブン2016年6月23日号

【関連記事】
家の増築ならぬ「減築」 7つのメリットと3つのデメリット
50代からのマンションリフォーム 部屋数減らしリビング広く
安くて値崩れ幅が少ない「リフォーム済み中古物件」の人気上昇

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP