ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パーキンソン病はビタミンDサプリの服用で進行抑制

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 パーキンソン病は、脳内のドパミン神経の減少による神経変性難病だ。主な症状は手の震え、歩きにくさ、転びやすさ、体が硬くなるなど様々で、50歳以上で発症が増える。現在、多岐にわたる治療薬が登場しており、リハビリ併用で日常生活を支障なく過ごせる人も少なくない。今では日本でもビタミンDサプリメントの服用で、一部の患者では進行抑制効果があると証明されている。

 パーキンソン病は、大脳の下にある中脳の黒質ドパミン神経細胞が減少することで、ドパミンが減る病気だ。ドパミンは神経伝達物質の一つで、運動機能調節や学習機能などに関わっており、減少すると手の震えや歩きにくさ、転びやすさ、動作緩慢、体が硬くなるなどの運動症状が生じる。

 これら以外にも、便秘や頻尿、発汗、疲れやすさ、嗅覚の低下、うつ症状なども起こすことがある。日本では約16万人の患者がいると推計されているが、高齢化にともない、増加傾向にある。東京慈恵医大葛飾医療センター神経内科の鈴木正彦診療部長に話を聞いた。

「パーキンソン症状を呈する病気のうち、パーキンソン病は半数で、残りは別の病気です。パーキンソン病は、多くの有効な治療薬が開発されているため、リハビリテーションとの併用で、ある程度の運動機能の改善と、その維持が可能になっています。発症から15年経過しても、ゴルフや軽い登山を楽しんでいる方もおられます」

 パーキンソン病の治療薬は、いくつか種類がある。減少したドパミンを補うL-dopaは腸から吸収され、血液脳関門を通り、脳内に入りドパミン神経に取り込まれてドパミンとなる。

 また、ドパミン受容体刺激薬(ドパミンアゴニスト)やドパミン放出促進薬なども開発されている。さらに抗コリン薬、脳内でドパミンが分解されるのを防ぐMAO-B阻害薬、ノルアドレナリン補充薬などがあり、患者の症状や合併症などに応じて処方を変え、治療効果を持続することが可能だ。

 しかし、これらのパーキンソン病薬は投与開始から5~7年は効果があるが、その後は持続時間が短くなったり、自分の意思とは関係なく体が動くジスキネジア(不随意運動)が起こるため、細かい調整が必要となる。また、薬の吸収をよくするためにも、パーキンソン病患者にとって便秘のコントロールは重要だ。こうした状況の中、パーキンソン病の進行抑制効果があるのではと期待されているのが、ビタミンDだ。

「国内外の研究で、パーキンソン病患者さんは健常人に比べて血中のビタミンD濃度が低下傾向にあり、しかもビタミンD濃度が低いほど重症度が高まることもわかってきました。

 そこで当院を受診された患者さんにご協力いただき、ビタミンDのサプリメントと偽薬を比較する臨床研究を実施したところ、パーキンソン病の進行を抑制する効果が、日本人のエビデンス(その治療法がよいとされる証拠)として初めて示されました」(鈴木診療部長)

 抑制効果が認められたのは、ビタミンD受容体に、ある種の遺伝子多型を持っている患者群で、患者の約6割とみられる。この研究成果は米国の医学専門雑誌に掲載され、その後は内外の研究機関において更なる研究も始まった。今後の研究成果が期待される。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2016年6月24日号

【関連記事】
パーキンソン病 遺伝子治療で手足の震えや歩行など症状改善
薬物治療が発達したパーキンソン病 放置で10年後約80%死亡
中高年 太極拳に転倒予防効果あることが米大学医学部で判明

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP