ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『関ジャム 完全燃SHOW』コブクロが絶品ハモリ・テクニック公開、関ジャニ∞のハモリは「みんな自分がメインだと思ってる」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 関ジャニ∞によるテレビ朝日の音楽バラエティ番組『関ジャム完全燃SHOW』が6月12日に放送。ゲストにコブクロが出演した。

 この日のスタジオトークでは、彼らの魅力に迫るべく『コブクロファンが選んだ名曲ベスト10』を発表。TOP3は1位「桜」、2位「蕾」、3位「ここにしか咲かない花」という結果になった。ランキングとともに、楽曲まつわるさまざまなエピソードが明かされていくなか、VTRゲストに横浜F・マリノスの中村俊輔が登場。5位にランクインした2001年のメジャーデビュー曲「YELL~エール~」を、イタリア・セリエAのレッジーナ在籍時の試合前によく聴いていたというエピソードを語った。また、コブクロの魅力である「ハモリ」について、全ての言葉ではなく一部分だけを歌うことや、子音を歌わず言葉の「カド」を取ることなど、コブクロ流のハモリ・テクニックが明かされた。これについて、関ジャニ∞のメンバーは自分たちのハモリは「みんな自分がメインだと思って歌ってる」と反省(?)する一幕も。そのほか「コード進行ってなに?」というたんぽぽ白鳥の質問に対して、小渕がアコースティックギターを片手に各コードのイメージをJ-POPの名曲実演を交えて解説するという、豪華すぎる特別講義も。終始コブクロの2人による笑いとサービス精神満載のトークとなった。

 コブクロとのジャム・セッションは『名曲ベスト10』の7位にもランクインした2001年のセカンド・シングル「轍-わだち-」。関ジャニ∞からは村上、丸山、安田、錦戸、大倉が参加した。エレキギターでの参加となった安田は、小渕と向かい合ってギターを弾けることが嬉しかったと興奮気味。一方、ベースの丸山は、隣で歌う黒田の威圧感に負けないように必死だったそう。また、コブクロの2人も他のアーティストとのセッションは久々とのことで、関ジャニ∞との共演をおおいに楽しんだと語った。

 次回の『関ジャム完全燃SHOW』は6月19日に放送、TOKIOの長瀬智也が出演予定となっている。

◎番組情報
テレビ朝日『 関ジャム 完全燃SHOW』
毎週日曜23:15~
※一部地域を除く
http://www.tv-asahi.co.jp/kanjam/

関連記事リンク(外部サイト)

コブクロ 初の視聴会で新アルバム『TIMELESS WORLD』から「STAGE」初披露!
『関ジャム 完全燃SHOW』デビュー20周年PUFFYと「J-POP検定」&名曲セッションは安田がセンターに
『関ジャム 完全燃SHOW』GACKT&錦戸がドリカムの魅力を熱弁&GACKTを号泣させた映画主題歌とは?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP