ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブラジルの「恋人の日」 “ヂア・ドス・ナモラードス”

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEの日曜17時からの番組「NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE…」(ナビゲーター:滝川クリステル)。6月12日のオンエアでは、ブラジルの記念日と「フランス映画祭2016」を紹介しました。

この時期、日本とは逆に秋が深まるブラジルでは、6月12日は“ヂア・ドス・ナモラードス”と呼ばれる「恋人の日」。

キリスト教の縁結びの聖人、アントニオの祝日の前日にあたり、カップルがプレゼントを交換して愛を確かめ合う習慣が定着しています。この日のレストランは、どこもカップルで賑わっているそうです。ブラジルには、バレンタインデーやホワイトデーの習慣がないので、それに代わる日でもあるそうです。なんともロマンチックな1日ですね。

続いて、6月24日(金)〜27日(月)に東京で開催される「フランス映画祭2016」を紹介しました。今年で開催24回目を迎え、日本では未公開の作品も含まれる13作品が上映されます。なかでも注目なのが以下の3作!

「太陽のめざめ(La Tete Haute)」は、本映画祭のオープニング作品。フランスを代表する女優、カトリーヌ・ドヌーヴの最新主演作品でもあります。

「アンナとアントワーヌ 愛のプレリュード(Un plus une)」は「男と女」の監督、クロード・ルルーシュの最新作で、音楽はフランシス・レイが担当しており、音楽にも注目です。映画音楽の作曲家が主人公の、大人のラヴ・ロマンスです。

「ショコラ!(Chocolat)」は、20世紀の初め、パリのショービジネス界で活躍した黒人と白人の芸人コンビを描いた、実話に基づく物語。主演の俳優、オマール・シィは、映画祭に合わせて来日します。こちらは、滝川も気になっている作品だそうです。

有楽町朝日ホールとTOHOネマズ日劇の2つの会場で開催される「フランス映画祭2016」。お気に入りの映画を見つけに足を運んでみてはいかがでしょうか?

そして、次回6月19日のオンエアでは、オリンピック開幕まで2カ月を切ったブラジル、リオデジャネイロへの音楽の旅に滝川がご案内します♪

【関連サイト】
「NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE…」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/saude/

コメディ×宗教? 映画「神様メール」がとんでもない(2016年05月28日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1660.html

仏レーベル「サラヴァ」50周年、主宰者ピエール・バルーの功績(2016年04月11日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/50-3.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。