体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超特急が『第36回全国高等学校クイズ選手権』の応援アーティストに決定!

超特急が2016年の日本テレビ系『第36回全国高等学校クイズ選手権』の応援アーティストに決定した。
超特急:左より カイ(2号車)、タカシ(7号車)、ユーキ(5号車)、ユースケ(6号車)、 タクヤ(4号車)、コーイチ(1号車)、リョウガ(3号車) (okmusic UP's)
超特急は7月27日(水)に全国11か所で同時開催されるイベントに参加。既にイベント参加が決まっている「番組サポーター」の乃木坂46に加えて、歌とダンスのパフォーマンスで参加する高校生達にエールをおくる。クイズイベントにも参加し、体を張ったチャレンジをするかも?との情報も入っているので、高校生の方はぜひ参加して超特急のエンターテイメントを目撃しよう!

■『第36回全国高等学校クイズ選手権』公式HP

http://www.ntv.co.jp/quiz

【超特急よりコメント】
<質問>

(1)「高校生クイズ」に応援アーティストとして参加する意気込み

(2)あなたの高校時代の(夏の)思い出は?

(3)参加する高校生に向けてメッセージ

■1号車 コーイチ

(1)全国の高校生クイズ王かけた戦いを応援できるのはすごく光栄です。

超特急にはユーキ、ユースケ、タカシという3バカがいるので、ぜひ番外編で3バカにも挑戦していただきたいです。 少しでも力になれるようがんばります!

(2)夏の思い出といえば、学校の中庭で折り紙風船に水を入れて投げ合って服も中庭もビッシャビジャ。先生にみつかって、ひどく怒られました。つくった紙風船は総数200個。青春だったなと思います(笑)

あっ、これは小学校の頃の話でした(笑)

(3)高校生たちの夏を、僕達のパフォーマンスで応援するので、全力で戦ってください!!

■2号車 カイ

(1)「僕も学生の皆さんと一緒に高校時代に戻ったような気持ちで、2016年の夏にしかない青春を楽しみたいと思います。

(2)4号車タクヤと同じ高校だったのですが、文化祭でタクヤ含め4人で

ダンスを踊ったことが思い出です。他のメンバーも観にきてくれました。体育館に人が入りきらないくらい集まってくれて嬉しかったです。

(3)いつ思い返しても素敵な思い出になると思うので、最高の仲間たちと挑戦した2016年の夏を忘れないよう全力で楽しんでください!

■3号車 リョウガ

(1)メンバーにクイズが得意な人はいないですが、超特急は「何にでも化ける」というのを掲げております。今回は「応援アーティスト」に化け、「高校生クイズ」を盛大に盛り上げていきます!!

(2)本当に地味な高校生活を送っていたのですが3年生になり何かしらしておこう(使命感)と思い、後輩の男の子に髪の毛をセットしてもらい文化祭で一人で踊りました。その時は緊張や恥ずかしさはなく、とても気持ちよく爽快感と達成感に満ち溢れていた気がします。

(3)まだ高校生は「子ども」と呼ばれるでしょう!

しかし「子ども」は大人達の人智を遥かに超えた能力を持っています!

今回、知力、体力、運、どれが重視されるかで命運が大きく左右されると思いますが、どんな時もそのシワだらけの脳みそをフル回転させてベストを尽くしてください!! 僕たちにとって勉強になるかわからないほどのハイレベルな問題の数々を見ることになると思いますが、とても楽しみです!!

■4号車 タクヤ

(1)率直に嬉しいです。昔から知っている「高校生クイズ」に携わることができて幸せです。僕たち超特急は”3バカ”というユーキ、ユースケ、タカシの3人がいたりと、もし僕たちが出場したら始めで敗退しそうですが(笑) ただ高校生クイズにでる高校生たちを応援することは全力でできます。みなさんの力に少しでもなれるように頑張ります。

(2)日本が夏の季節だったかは忘れましたが、修学旅行でハワイに行きました。初めての海外でワクワクしてたし、高校の友達と海外で思い出を作るなんてとにかく最高でした。先生を海にみんなで投げたりして遊んでいました

(3)大丈夫。

僕たちの音楽、パフォーマンスで皆さんの力になってみせます。

■5号車 ユーキ

(1)高校生の時は人生の中で今1番思い出に残っている、それくらい自分にとっても大切だった高校生生活。なので「応援アーティスト」として,クイズに参加している高校生のみんなの力と最高の夏の思い出になるように全力でサポートさせていただきます!

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。