体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見逃せないもの満載!カナダの有名なもの特集

見逃せないもの満載!カナダの有名なもの特集
Photo credit: Masayuki Oka「バンクーバー2013」

Photo credit:Masayuki Oka「バンクーバー2013」

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

カナダには見逃せない「有名なもの」がたくさんあります。広範囲に渡っているため、全体的に網羅しておきたいですよね。そこで、今回は横断的に「カナダの有名なもの」をご紹介します。

カナダで必須の観光スポット

まずは、カナダの必須観光スポットから見ていきましょう。

1. ナイアガラの滝

Photo credit:Narumi Terahara「世界遺産ナイアガラの滝&トロント」

Photo credit:Narumi Terahara「世界遺産ナイアガラの滝&トロント」
カナダと言えば「ナイアガラの滝」ではないでしょうか。迫力ある滝の雄姿は多くの旅人を魅了し続けています。「ナイアガラの滝」まではトロント空港からシャトルバスで約90分かかります。観光でまわる場合には、滝だけなら約半日、周りのアトラクションを含めると1日がかりになります。なお、滝を横から見られる「テーブルロック」は無料です。滝の真後ろから見られる「ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ」は有料になりますのでご注意ください。

名称:ナイアガラの滝( Niagara Falls)
住所:Ontario, Canada.
ホームページ:https://www.nps.gov/nifa/index.htm

2. CNタワー

Photo credit:Narumi Terahara「世界遺産ナイアガラの滝&トロント」

Photo credit:Narumi Terahara「世界遺産ナイアガラの滝&トロント」
カナダ東部の街、トロントにそびえる堂々としたタワーが「CNタワー」です。完成時は世界一の高さを誇っていましたが、現在はドバイに抜かれてしまいました。展望台はガラス張りとなっており、360度の迫力あるパノラマが存分に楽しめます。高所恐怖症でない方は、ぜひタワーの下も覗いてみましょう。また、野外展望台もありますので、トロントの雰囲気を肌で感じることもできます。タワーでトロントの景色を見ながら、その先の旅行の計画を立てるのもいいでしょう。

名称:CNタワー(CN tower)
住所:301 Front St W, Toronto, ON M5V 2T6 カナダ
営業時間:8:00~23:00
入場料:大人32ドル、子供24ドル
ホームページ:http://www.cntower.ca/intro.html

3. カナディアンロッキー

Photo credit:Toyotaka Narita「カナディアンロッキー」

Photo credit:Toyotaka Narita「カナディアンロッキー」
北米大国のシンボルと言えるのがロッキー山脈。カナダ側にあるロッキー山脈は「カナディアンロッキー」と呼ばれています。「カナディアンロッキー」には4つの国立公園と3つの州立公園があります。ここの大きな特徴は迫力ある氷河と美しい湖。そして、熊や鹿などの野生動物です。これらの大迫力の自然が手軽に楽しめるようになっています。「カナディアンロッキー」の玄関口はバンフになり、カルガリーからバスで約1時間~2時間かかります。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。