ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AmazonがPrime Musicと異なる定額制音楽配信サービスを今夏に開始か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AmazonがPrime Musicと異なる定額制音楽配信サービスを今夏に開始か

AmazonがPrime Musicと異なる定額制音楽配信サービスを今夏に開始か

Amazonは、アップルやSpotifyに対抗するべく、Prime会員限定サービスとは別にスタンドアローン版の定額制音楽ストリーミングサービスを準備していると、関係者からの情報をロイターがレポートしています。

Amazonが計画する定額制音楽ストリーミングサービスは月額9.99ドルとApple MusicやSpotifyの有料プランと同じ価格になる模様。

現在Amazonはサービス開始に向けてレコード会社との交渉をまとめている段階で、新サービスは今夏または今秋にローンチする予定と関係者は語っています。

AmazonはPrime会員向けに無料の音楽ストリーミングサービス「Prime Music」と、所有する音源やダウンロード購入した音源をクラウドに保存できるデジタルロッカーサービスを日本をはじめ世界で提供しています。

ロイターによれば、Amazonが定額制音楽ストリーミングに参入する理由には、Amazonが独自開発するスマートスピーカー「Amazon Echo」(現在、日本では購入不可)の利用を強化する狙いがあるようです。

サービス開始から8年目のSpotifyと、昨年から始まったApple Music、さらにグーグルが提供するGoogle Play MusicとYouTubeの定額制YouTube Redが単独のサービスであることに対して、AmazonだけがPrimeユーザーをターゲットにした総合的なデジタルサービスを提供する異なるアプローチを仕掛けてきました。

またAmazonは前述のAmazon EchoスマートスピーカーやFire TVに導入される音声コマンドシステム「Alexa」を開発しています。AlexaはAppleの「Siri」やグーグルの「Google Now」と並び、今後のデバイス利用における重要な役割を担う新しいインターフェースと見られています。すでにAmazon EchoというオーディオシステムでAlexaを導入済みのAmazonは、他社に比べて音声認識付きスマートスピーカーの領域でわずかですが一步リードしている存在で、Amazon Echoに対抗するためにAppleとグーグルはそれぞれSiriとGoogle Homeをベースにしたスピーカーシステムやサードパーティとの連携を強化していくと噂されています。

AmazonはPrime Musicとは別にAmazonで特定のCDやアナログレコードなどフィジカルの音楽を購入した際に、無料でMP3データをクラウドに保存してくれる「AuroRip」という便利なサービスも提供してくれています。こちらはPrime会員でなくても対象となります。

■記事元http://jaykogami.com/2016/06/13160.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。