ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無敵のドレイク首位を死守、“プリンスの日”制定、アヴィーチー最初で最後のジャパツアーを開催:今週の洋楽まとめニュース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 無敵のラッパー、ドレイク。最新アルバム『ヴューズ』は、レディオヘッド、メーガン・トレイナー、アリアナ・グランデをおさえて米ビルボード・チャートで今週も首位を死守した。これだけの強豪が新作をリリースするなか、両チャートでのドレイクの連覇は、今全米でいかに支持されているかを物語っている。先行シングル「ワン・ダンス」も4週目の首位をマークし、なお一層注目が高まっている。

ドレイクの米ソング&アルバム両チャート連覇続く、ピンクがトップ10入り
【米ビルボード・ソング・チャート】無敵のドレイクが通算4週目のNo.1に、注目の5Hは4位に停滞
【米ビルボード・アルバム・チャート】強敵を破りドレイクが5週目の首位を死守、フルームが8位に初登場

 一方、Billboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”では、ジャスティン・ティンバーレイクの「キャント・ストップ・ザ・フィーリング」が 4週目のNo.1をマークした。連覇の要因は、好調なエアプレイ。強敵を下し、先週に続き1位を死守したことで、大きくポイントを蓄積し、総合的にフィフス・ハーモニーをも上回る結果となった。また、「キャント・ストップ・ザ・フィーリング」は“JAPAN Hot 100”でも19位にランクアップ、遂に今週TOP20入りを果たした。

ジャスティン・ティンバーレイクが洋楽チャート4連覇、注目のカイゴは何位に初登場?

 プリンスの58回目の誕生日となるはずだった現地時間6月7日をミネソタで“プリンスの日(Prince Day)”とすることを州知事が宣言した。また、プリンスの追悼イベントも各所で引き続き行われており、6月26日に開催される【BETアワード】では、オールスター・ラインナップによるプリンスへのトリビュートが行われる。そして映画界においては、スパイク・リー監督が亡きプリンスの58回目の誕生日を前に祝賀パーティーを開いた。

“プリンスの日”、米ミネソタ州で制定される
【BETアワード】でもプリンス追悼パフォーマンス実施へ
ドレスコードは紫、スパイク・リーが故プリンスの誕生会を開催

 スポーツ界からも悲報。32年にわたってパーキンソン病と闘ってきたプロボクシング元世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリが6月3日に74歳でこの世を去った。俳優でラッパーのウィル・スミスが感動的な追悼コメントをフェイスブックに投稿。また、パブリック・エナミーのチャックD、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ、ティム・コマーフォードなど多くのミュージシャンたちが追悼コメントをソーシャル・メディア他で発表した。

ウィル・スミスがモハメド・アリを追悼「あなたは僕の人生を変えた」
故モハメド・アリへ多数ミュージシャンも追悼コメント

 世界的DJ/プロデューサー、アヴィーチーのジャパン・ツアーが、大阪と千葉にて行われた。ついに実現した来日公演には4万8千人のファンが集結。世界のみならずここ日本でも大ヒットし、来日を切望され続けていたアヴィーチー。2016年のツアーと公演をもってライブ活動を最後にすることを公表したアヴィーチーにとってまさに“最初で最後” のジャパン・ツアーとなった。

「色々あったけど、やっと来られて嬉しい」アヴィーチーの最初で最後のジャパン・ツアーに4万8千人のファン熱狂

今週のその他の注目ニュース
ザ・ビートルズ <新装帯>全24タイトル限定発売! 46年ぶり公式ドキュメンタリー映画割引券付
エルトン・ジョンがレディー・ガガの次のアルバムについて語る
テイラー・スウィフトがファンの結婚パーティーにサプライズ登場
『ファインディング・ニモ』続編のワールドプレミアが遂に開催、監督らが「ギョギョ!」ギョ(5)連発!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP