ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

川谷絵音率いるindigo la End「愛の逆流」MV公開! なりふり構わないエモーショナルな“愛”の世界

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年6月8日にリリースとなる、川谷絵音がフロントマンを務めるロックバンド・indigo la Endのメジャー2ndアルバム『藍色ミュージック』。その収録曲より、リードトラック「愛の逆流」のミュージックビデオ(https://youtu.be/lSqWJfjULzk)が公開となった。

 『藍色ミュージック』は、前作『幸せが溢れたら』から約1年4か月振りとなる新作。収録曲「藍色好きさ」のMVは既に公開となっているが、これに続いてモデルの「あめ」が「愛の逆流」のMVにも再登場。見違えるほどの劇的な変化を見せ、妖艶な演技を披露している。動物的でもあり無機質でもあるダンサーと、女性の表情と行動が絶妙なコントラストを生み、ドライな演奏をするメンバーとの対比が絶妙な効果を生んだ映像に仕上がった。

 モノクロームのビジュアルは、無秩序な空間のインテリアを銀紙で覆い、まるで抗菌しているような世界観を表現。ハイコントラストな光が移ろう時の切り取られた瞬間にあっては、人間もまるで造形物の様に見える。アートや音楽の表現も“愛”の前では陳腐で、好きだから止められない。ビジュアル、楽曲、MV含め、そんな衝動を感じさせるような作品となっている。

◎川谷絵音(vo,g)- コメント
ストイックな映像の中で淡々と演奏することで逆にエモーショナルに感じる映像になりました。
あめさんとダンサーの皆さんの迫力に圧倒されてください。
あと僕は眼鏡、メンバー3人はサングラス。栄太郎のサングラス姿がクール。

◎2ndアルバム『藍色ミュージック』
2016/06/08 RELEASE
[初回限定盤(CD&DVD)]WPZL-31164/5 3,500円+税
[通常盤(CD)]WPCL-12336 3,000円+税
<CD>全14曲
01. 藍色好きさ
02. 雫に恋して
03. ココロネ
04. 愛の逆流
05. シノブ
06. 悲しくなる前に
07. 忘れて花束
08. eye
09. 夏夜のマジック
10. 風詠む季節
11. music A
12. ダンスが続けば
13. 心雨
14. インディゴラブストーリー
Produced by 川谷絵音 / All Music&Lyrics Written by 川谷絵音
<DVD>※初回限定盤
・ indigo la Endの素顔と本音が描かれたshort movie「藍色四人」
・ 本作品で初公開となる「心雨」music video
<特典>※初回プレス特典(初回限定盤&通常盤)
・「Newメンバービジュアル ステッカー」

◎ワンマンツアー【インディゴミュージック】
2016年6月17日(金)広島CLUB QUATTRO OPEN18:00 / START19:00
2016年6月19日(日)高松オリーブホール OPEN17:00 / START18:00
2016年6月25日(土)新潟LOTS OPEN17:00 / START18:00
2016年6月26日(日)仙台Rensa OPEN17:00 / START18:00
2016年7月03日(日)Zepp Sapporo OPEN17:00 / START18:00
2016年7月13日(水)Zepp NAMBA OPEN18:00 / START19:00
2016年7月14日(木)Zepp Nagoya OPEN18:00 / START19:00
2016年7月20日(水)Zepp Tokyo OPEN18:00 / START19:00
2016年7月22日(金)福岡DRUM LOGOS OPEN18:00 / START19:00
料金:4,320円(税込) ※チケット発売中

関連記事リンク(外部サイト)

川谷絵音率いるバンド・indigo la End 魅力を紐解く特別番組放送決定
indigo la End新MVに小島藤子出演、ボーカル川谷絵音との切ない恋路を熱演
【METROCK 2016】サカナクション、ゲス乙女、BAWDIES…豪華ラインナップで繰り広げられた都市型フェスの初日公演をレポート!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP