ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Amazon配信中の『仮面ライダーアマゾンズ』テレビ放送決定!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


(C)2016「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 (C)石森プロ・東映
Amazonプライム・ビデオで配信されている特撮作品『仮面ライダーアマゾンズ』が、7月3日(日)よりBS朝日、7月6日(水)よりTOKYO MXにて放送される。

配信版を再編集、新撮オープニング映像を加えた全13話のテレビ版となる。

同時に、主題歌のフルサイズを含めた劇伴を収録した音楽アルバム『仮面ライダーアマゾンズ オリジナル・サウンドトラック』が8月3日(水)に発売されることも決定。

現代に蘇った『仮面ライダーアマゾンズ』

『仮面ライダーアマゾンズ』は、1974年に放送された『仮面ライダーアマゾン』の要素を受け継ぎ、シリーズ生誕45周年となる2016年の新たな挑戦として、養殖と野生という2人の仮面ライダーアマゾンを描く作品。

Amazonプライム・ビデオにおける日本製作第1弾のオリジナル作品として、現在会員向け限定で、毎週金曜に1話ずつ配信されている。

『仮面ライダーアマゾン』自体、アマゾンの密林で育った主人公を描き、「仮面ライダー」シリーズの中でも異色作品として人気を博したが、過激な描写と骨太なストーリー展開で大きな反響を呼んでいる。

『仮面ライダーアマゾンズ』サウンドトラックも

発売が決定した『仮面ライダーアマゾンズ オリジナル・サウンドトラック』は、『仮面ライダーカブト』など数々の作品に参加してきた作曲家の蓜島邦明さんによる劇中音楽のほか、歌手・小林太郎さんの歌う主題歌「Armour Zone」のフルサイズも収録した2枚組のCD。

Amazon Musicでは、6月17日(金)より全世界に先駆けて主題歌のフルサイズとオリジナル・カラオケが日本国内でのMP3ダウンロードで先行販売される。

番組情報

『仮面ライダーアマゾンズ』テレビ放送

各話30分、全13話BS朝日(7月3日スタート)毎週日曜 深夜1:00~TOKYO MX(7月6日スタート)毎週水曜 22:30~

CD情報

『仮面ライダーアマゾンズ オリジナル・サウンドトラック』

発売日2016年8月3日(水)価格¥3,800+税品番COCX-39656~7

【Amazon Music】
2016年6月17日(金)より、Amazon Musicにて全世界に先駆けて主題歌「Armour Zone」のフルサイズとオリジナル・カラオケが日本国内でのMP3ダウンロードで先行販売。

配信タイトル:仮面ライダーアマゾンズ主題歌「Armour Zone(Full Version)」
配信:2016年6月17日(金)より、Amazon Musicにて全世界に先駆けて日本国内での先行MP3ダウンロード販売!
単曲:250円(税込)アルバム購入:450円(税込)

M1. Armour Zone
歌:小林太郎 作詩:マイクスギヤマ 作曲:山田信夫 編曲:高橋哲也

M2. Armour Zone(オリジナル・カラオケ)
作曲:山田信夫 編曲:高橋哲也

音楽プロデュース:Project.R

Taro Kobayashi by the courtesy of KING RECORD Co.,Ltd.

【Amazon Prime Music】
主題歌「Armour Zone」のTV-SIZE、作曲家・蓜島邦明が作曲編曲を担当した「KAMEN RIDER AMAZONS MAIN THEME」、「KAMEN RIDER AMAZONS BGM single edition」が、6月17日(金)よりAmazon Prime Musicでの配信もスタート。

Prime Music配信タイトル:仮面ライダーアマゾンズ主題歌「Armour Zone」
配信:2016年6月17日(金)より、Amazon Prime Musicにて配信開始!

M1. Armour Zone(tv-size)
歌:小林太郎 作詩:マイクスギヤマ 作曲:山田信夫 編曲:高橋哲也

M2. KAMEN RIDER AMAZONS MAIN THEME
作・編曲:蓜島邦明

M3. KAMEN RIDER AMAZONS BGM single edition
作・編曲:蓜島邦明
音楽プロデュース:Project.R
Taro Kobayashi by the courtesy of KING RECORD Co.,Ltd.

引用元

Amazon配信中の『仮面ライダーアマゾンズ』テレビ放送決定!

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP