ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホで撮った写真を売れるアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


6月初旬、iPhoneで撮影した写真を企業や他のユーザーなどに販売できるアプリ「Snapmart」がリリースされた。

【もっと大きな画像や図表を見る】

自分が撮影した写真を出品し、それを他のユーザーが購入する仕組みの「Snapmart」。主に購入者は、Web制作会社や広告代理店、クリエイターを対象としており、販売基本価格は1枚100円だが、運転免許証などで本人確認済みのユーザーは1枚100~1000円で販売できる。

また、「Snapmart」の認定を受けた人気ユーザーや著名人などは「プレミアユーザー」となり、1枚2000円までの価格設定が可能。販売される写真はすべてロイヤリティフリーで、一度購入すれば許諾の範囲で何度も使用できる。出品写真が購入された場合、販売代金の50~70%が収入になるという。

写真には様々なタグが付けられており、人気のキーワードで検索し、ほしい写真を探すことができる。それでも目当ての写真が見つからなかった時は、ほしい写真のお題と賞金を設定して「コンテスト」を開催することも可能。コンテストの賞金の最低金額は5000円となっている。

気軽に写真の売買ができる「Snapmart」。ツイッターでは、

「snapmartの販売者は超素人~アマ(良くて少数のセミプロ)なので、ウェブサイトの素材に使う写真を探すのはキツイかもだけど… ブログとかまとめサイトレベルの利用なら全然アリだと思う」
「個人撮影の写真を100円から買うとは思えないんだけど。権利関係もどこまで対応できるのやら」
「まだまだ出品されてる写真少ないけど、 面白そう!今後に期待」

などの反応。まだまだリリースされたばかりのアプリということで、不安要素もあるが今後に期待といったところだ。とはいえ注目度は高いようで、

「Snapmartで写真売れた、なんか嬉しい」
「Snapmartに一昨日出品した写真が突然売れてビックリした!すごいなコレ。何枚か売れたら飲み代くらいになりそうw」
「Snapmart初めて買ってもらえたー!!嬉しい。。」

と、すでに写真が売れたとの報告も。さらには、

「Snapmartみてるだけで面白い!」

と、購入しなくても、いろいろなユーザーが撮影した写真を見られるだけでも楽しいという声もあった。

SNSの普及もあってか、気軽に写真を撮ってネット上に公開するスマホユーザーは増えているはず。写真売買が当たり前になる日も近いかもしれない。
(小浦大生)

記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

スマホで撮った写真を売れるアプリはコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

スマホで花火を上手に撮るコツ6選
スマホで10倍ズーム写真が撮れる
プロ直伝の「美肌写真」マル秘テク
人形用のソフマップ撮影セット登場
フルカラー写真が「4色」で作れる謎

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP