ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ケイト・ウィンスレット、イドリス・エルバ主演の映画『The Mountain Between Us(原題)』で相手役として出演交渉中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ケイト・ウィンスレットが、イドリス・エルバ主演のロマンスドラマ映画『The Mountain Between Us(原題)』でエルバの相手役として出演交渉中だ。

ハニ・アブ・アサドが、フォックス2000ピクチャーズによる同作の監督を務める。ピーター・チャーニンとジェンノ・トッピングが、フォックスを基盤とするチャーニン・エンターテインメントを通じてプロデュースを手掛ける。

同作は、チャールズ・マーティン原作の2010年の大ベストセラー小説をもとにしている。航空機事故から生存し、恋に落ちる外科医と女性のストーリーで、彼らは、肋骨と脚の骨折に苦しみながら、夜には気温が氷点下12度となる山の原生地域から脱出する術を見つけなければならない。

エルバは、同作に2月にキャスティングされている。

J・ミルズ・グッドローとスコット・フランクが『The Mountain Between Us(原題)』の脚本の初期のバージョンを執筆し、映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の脚本を手掛けたクリス・ワイツが、最新の脚本ドラフトを執筆した。

ウィンスレットは、アカデミー賞に過去7回ノミネートされており、最近のノミネート作品には映画『スティーブ・ジョブズ』がある。2009年の映画『愛を読むひと』では、第81回アカデミー賞主演女優賞を受賞した。また、映画『トリプル9 裏切りのコード』に出演し、ニューライン・シネマによるドラマ映画『Collateral Beauty(原題)』で、ウィル・スミスと共演予定である。

ウィンスレットは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、ユナイテッド・エージェンツと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP