体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【教えてブラックダイヤモンド! ②】「好感を持たれる初メッセのお作法を知りたい!」(会社員/29歳/男性)

エンタメ

答えてくれる人:ブラックダイヤモンド
左からえりもっこり、ぽみたん、あゆゆん

Twitter、FacebookにLINE。便利な時代になったけど、その反面、気になる女子への”SNSアプローチ”は不安だらけ……。アレはOK? コレはNG? こういうとき、女子は一体なに考えてるの??? ……わからなければ聞けばいいのである。その道のプロに。

進化が著しいこの分野において、常にその舳先に立ち、コミュニケーションカルチャーを牽引してきた集団がいる。ギャルである。

本連載は、ケータイやスマホによるSNSコミュニケーションの悩みを持つ20~40代男子が、コミュニケーション強者たるギャルたちに悩みを打ち明け、ありがたいアドバイスをいただくというものだ。ギャルはギャルでも、どうせなら黒い方がいい。黒ギャルだ。我々はさっそく渋谷のガングロカフェに向かった。ちょいと黒めのギャルユニット「ブラックダイヤモンド」に会うために。

第2回目のお悩みは、「女子に好感を持たれる初コンタクトの作法を知りたい!」である。

今回のメンバーは前回同様、三度の飯より酒が好きという「えりもっこり」(23歳)、いまでは貴重なパラパラの伝道師「ぽみたん」(25歳)、少女漫画を描くのが趣味の「あゆゆん」(25歳)の3人。

いずれも、ギャルには必須のコミュニケーション術と恋愛術に長けた選抜メンバーだ。彼女たちの口から、どんな本音が飛び出すことやら……。

返信が欲しいならクエスチョン系

――飲み会とかで連絡先を交換したとき、手始めのご挨拶としてはどんな内容が好印象ですか?

P「「今日は楽しかったね。ありがとう」ぐらいかな。」

E「「また機会があったらみんなでご飯行きましょう」とか? それなら「わかりました」って返せるし。」

A「返信が欲しいならクエスチョン系で聞いた方がいいかも。」

E「「バンドでギターやってるんだよ」って言われても「そっか、がんばれー」って心の中で思って終わりにできるし(笑)。」

――最初からガツガツしない方がいいと。

A「ガツガツはダメ。

E「いきなりデートとかのお誘いは嫌だよね。」

P「飲み会で大人しかったのにLINEだけ強気な人も(笑)。」

A「初回のLINEの内容で下心があるかどうかわかるよね。この人、ニヤついて打ってんだろうなって。」

P「渋谷とかでふつうに歩いてても、足運びでナンパだってわかるのと同じ。」

――えっ、足運びでわかるの??

P「わかりますよ。足運びと目線。ゆっくり近づいてきて、こいつ来るな。あ、来た来たみたいな。」

――なるほど…。あと、メッセージを送るタイミングは重要?

E「飲み会後に「帰り気をつけてね」でもいいかも。ふつうに「ありがとうございます」って返せるし。」

P「次の日に「楽しかったね。ちゃんと帰れた?」とか。

A「でも、「おはよう〜」とかはなんかやだ(笑)。ラブラブなカップルならいいけど、他人だったら「え?」ってなる(笑)。」

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会