体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レッドブル・エアレース2016】室屋選手&チーム・ブライトリング千葉大会後単独インタビュー

室屋選手の初優勝で終わった、2016年レッドブル・エアレース第2戦千葉大会。その興奮も冷めやらぬ中、室屋義秀選手と4位になったチーム・ブライトリングのナイジェル・ラム選手、そしてチーム・ブライトリングで来年のマスタークラス参戦に向け、今年から始まったレッドブル・エアレースの新育成プログラム「マスター・メンタリング・プログラム」に参加している、2015年のチャレンジャークラス王者、ミカ・ブラジョー選手に単独インタビューをしてきました。

【関連:第3戦千葉大会は伝説の幕開け。室屋義秀悲願の初優勝!】

◆室屋義秀選手

第2戦千葉大会で初優勝した室屋選手

■日曜のシャンパンファイト以来、お忙しいと思いますが、睡眠時間は大丈夫ですか?

「まあまあ寝られてますね(笑)。結構忙しいんですけど、なんとか寝られてます」

■表彰式後の記者会見でもお聞きしましたが、ファイナル4のフライトがとてもスムーズなラインで、特にモニターで、後から飛んだ選手達とゴースト(重ねて表示される目標タイムの選手の軌跡)で比べると、例えばゲート7から8までのライン取りが非常にスムーズな印象でした。

「今は結構コンピュータでのシミュレーションが正確になって、飛ぶ前から最適なラインというのが判っているんですよ。後は飛んで微修正する、っていう感じで、実は各パイロットもみんなその点は判っているんですよ。ただ実際飛んでみると、例えばゲート7からゲート8へのラインは、大きく振った方が確実にゲートをクリアできるんですね。その後のハイGターンが楽だったりするんですよ。なので、パイロットのコンディションというか、余裕によってラインの微修正が行われるって感じですね。それによって僅かずつ、0.1秒にも満たない部分での速さが出てきて、それの積み重ねが今回の結果につながったんじゃないかと思ってます」

■機体に関してですが、シュピールベルクから投入しているレイクドウイングチップの効果については?

「大してないんです(笑)。そう言うと語弊がありますが、あまりないっていうか、通常のウイングチップに比べると僅かにマシってくらいで、ウイングレットに比べると全然ですね。今、認可待ちになっている(1秒は速くなるとされる)ウイングレットがつけばもっと……今回でも0.5秒あれば楽々勝ててましたからね」
レイクドウィングチップを装着した室屋選手のエッジ540V3

レイクドウィングチップを装着した室屋選手のエッジ540V3

■優勝したことは大きな自信となると思いますが、この後のヨーロッパラウンドに向けては

「自信は持っているつもりなので、そこについてはチームも努力しているし、持ってていいと思うんです。ただ長いシーズンですから、多少の浮き沈みはあると思います。その中でも確実にファイナル4に残っていけば、必ずポイントは上位に行けますので。ひとつ勝ったことで、勝つコツみたいなものは学べたので、勝ちやすくはなったのかな、とは思いますね」

■今年は非常に混戦になっていますが、その点は

「ここからは実力差で抜けていきますから……1戦目はなんだか訳の判らない結果になりましたけど、徐々に実力に即した順位に落ち着いてきて、4戦目くらいから並んできて、これからは順位も落ち着いてくると思います。恐らくこれからは、実力のあるチームがポイントをグッと重ねて引き離してくると思います。そこにきちっと食いついていかないと、届かなくなってしまうんでね。このレースに勝つのと、シリーズ全体で勝つというのはプレッシャーも全然違うので、次の戦いはさらに大きい戦いになると思いますね」

1 2 3 4 5次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。