ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

誰も相続人がいない場合の遺産の行方は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 被相続人に法定相続人が一切おらず、遺言もなく、遺贈などについても一切言及がなかった場合、相続財産はどのようになるでしょうか?

(1)生前の交流があった人に、その寄与度に応じて分配される
(2)国庫に帰属する

A.

正解(2)国庫に帰属する

 設問のように、無主の相続財産が生じた場合について、民法959条で、その処分方法が定められており「国庫に帰属する」となっています。

 孤独死がニュースになる昨今、実は国庫帰属となるケースも散見されているというのが実情です。

元記事

誰も相続人がいない場合の遺産の行方は?

関連情報

遺言書による登記を相続人が単独で行えますか?(なっとく法律相談)
寄附を装って相続税脱税?(今週の話題 ~法律はこう斬る!)
世話になった友人に全財産を渡すという遺言は認められる?(法律クイズ)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP