ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

読み終わった本に感想を書き込み寄贈する「感想文庫」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J–WAVEの日曜朝6時からの番組「WONDER VISION」(ナビゲーター:平井理央)のワンコーナー「LISTEN FIRST!」。6月12日のオンエアでは、恵比寿ガーデンプレイスに4月にオープンした図書館「感想文庫」を紹介しました。

図書館といっても、みんなが寄贈した本が並ぶ図書館で、最初は1冊も本がない、空の本棚からスタートしたそうです。恵比寿新聞代表の高橋賢次さんによると、近所の人々や、恵比寿に勤務している人々などが寄贈した本をみんなでシェアしているとのことです。

しかも、本の裏表紙には感想を書けるスペースが用意されており、寄贈する際に感想をしたためることができます。本を借りた人も感想を書くことができて、本を介して知らない人同士が文通をしている気分になるそうです。この話を聞いた平井は「相手が、どういうふうに受け止めたかが分かるところもポイントなんですね!」と興味深げ。

そもそも、高橋さんはなぜ「感想文庫」をはじめようと思ったのでしょうか。

「実は僕は、本をあまり読んでこなかったんですけど、友達に半ば強制的に本を薦められて借りて読んだことがありまして。その本がいかにもその人が読みそうな本だったんです。そこで、人に本を読んでほしいという思いは、自分の表現なのではないかと思ったんです」(高橋さん)

それを何かに活かせないかと思い、「感想文庫」の設置に至ったそうです。ただ読むのではなく、人と人とがつながるシステム。なんだかアナログなSNSのようで、既存の図書館にはない体験ができそうですね!

そして、次週6月19日の「WONDER VISION」には、「何度でもオールライトと歌え」など書籍も熱く支持される、ゴッチことASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文さんが登場。平井理央がじっくりお話をうかがいます。

【関連サイト】
「WONDER VISION」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/

文章を書くことは“再現VTR”を見せること?(2016年05月15日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/vtr.html

目的別に楽しみたい、奥深き図書館の世界(2016年01月19日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/01/post-1229.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP