ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北朝鮮の外貨稼ぎ タンザニアで呪術師と結託して病院経営

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 核やミサイルによる恫喝外交に周辺国の制裁も続く。窮余の金正恩王朝が命綱とする外貨獲得ビジネスは、アートから肉体労働まで実に幅広い。各国のニッチな需要を見事に掴む労働者たちは、独裁国家の延命のために日夜働かされている。ジャーナリストの李策氏が指摘する。

 * * *
 4月7日に発覚した、北朝鮮レストラン従業員の集団脱北事件。中国で働いていた北朝鮮の女性ら13人が一斉に逃げ出し、韓国に亡命したこの出来事は、北朝鮮の「外貨稼ぎ」に、ボディブローのようにダメージを与えると見られている。北朝鮮の外貨稼ぎに詳しい脱北者が話す。

「北朝鮮の政府機関や国営企業の多くは、海外で合法・非合法を問わず、様々な形で外貨稼ぎに励んでいます。非合法なビジネスは儲けも大きいが、現地当局に摘発されるリスクも高い。それに比べレストラン経営は安定した商売ができると人気だった。しかし今後は従業員の管理に神経質にならざるを得ず、徐々に下火になるでしょう」

 そもそも北朝鮮の機関や企業はなぜ、外貨稼ぎのサイドビジネスにかくも熱心なのか。理由のひとつは、国家の財政難のために、中央省庁を含む各機関が独立採算を余儀なくされているから。そしてもうひとつ、朝鮮労働党から課せられた「上納金」の重いノルマをクリアするためにも、独自の外貨稼ぎが必要なのだ。

 方法は実に様々だ。4月半ば、タンザニアの保健当局は、経済の中心地ダルエスサラームにある2つのクリニックに対して抜き打ち検査を行い、即時閉鎖を命令した。理由は、無認可営業。

 これらのクリニックは、実質的に北朝鮮から来た医師らが運営する「インチキ病院」だったのだ。その手法は、現地の呪術師らと結託して医療知識に乏しい患者を集め、怪しげな機器を使って適当な診断を行い、高額な薬を売りつけるという悪質なものだった。

※SAPIO2016年7月号

【関連記事】
北朝鮮が結婚ビジネス進出 美女を100万ドルで外国人に斡旋
北朝鮮と韓国との全面戦争はあるか? 専門家はないと説明
北朝鮮 ウォン大幅下落で摘発強化も米ドル人民元が大量流通

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。