ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

植松晃士氏 「この夏は、紺と白以外、着なくていい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世の中のオバさんたちに健康かつ美しく生きていくために、ファッションプロデューサーの植松晃士さんがアドバイス。今回は、夏に着たい配色について語ります。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう。日本全国南から北へと、本格的な梅雨のシーズンに入ってまいりました。しばらくは傘が手放せない毎日になりそうですね。

 そもそも私は、アウトドア派ではないのですが、お天気の悪い休日は特に、平日の間にたまってしまったドラマの録画を見るのが楽しみのひとつです。

『99.9―刑事専門弁護士―』(TBS系)の松本潤さん、あるいは『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)のトリプル主演、岡田将生さん、松坂桃李さん、柳楽優弥さんなどなど、注目の俳優さんたちを眺めながらつくづく思うのは、「爽やかな人って素敵」ということ。

 これはたぶん、ここ数年で私がアラフィフどっぷりの年齢となり、自分自身が清潔感とか爽やかさを失いつつあるのでは?という恐れや不安を感じているからだと思います。人というのは、自分が失ってしまったものを、いっそう尊く大切なものと感じる生き物なんですね。

 少々、張りを失いかけた頬のお肉をつまみつつ、お洋服くらいは、爽やかなものを身につけないと、と心から思う今日この頃です。そしてそのヒントを、先日訪れたテニスコートで見つけました。

 平日の昼間とあって、クラブには30代から上は60代までの奥さまたちでいっぱいだったのですが、皆さん、きれいな桜色や白、紺といったテニスウエアをお召しになっていました。そしてハイライトを効かせたちょっと短めの髪やほんのりと日焼けした肌などに、驚くほど爽やかな印象を受けたんです。

 しかも、スポーツしているかた特有の礼儀正しさで、すれ違っただけの私に対しても、「お疲れさまで~す」と、にこにこ明るくご挨拶してくださる。その笑顔の素敵だったこと!

 年齢に関係なく、ひと匙のスポーツテイストと、明るい笑顔、そしてハキハキとしたご挨拶こそ、失いかけている爽やかさを補充してくれる要素だと、改めて感じました。

 そしてファッションに関しては、極端な話、「この夏は、紺と白以外、着なくていい」というのが、私の結論です。

 何度もお話ししている通り、紺と白というのは、爽やかさ、清潔感、若々しさを象徴する色。そしてスポーティーな色でもあります。

 しかも、購入するのは白と紺だけと決めてしまえば、コーディネートはラクだし、経済的だし、しかも爽やかな印象が手に入って、一石三鳥。

 テレビなどお仕事モードの時は、この2色にグレーを加えることもありますが、日常のスタイルは、「紺×白」、「白×白」、「紺×紺」の組み合わせで充分、変化もつけられます。

 汗をかく季節ですから、家でばしゃばしゃ洗える素材を選ぶこともポイントです。

 それともうひとつ、私の提案は、「デパートに行こう!」、です。流行りのショッピングモールも、安くて素敵な流行のお洋服が揃っていますよ。ただ若い人向きの商品が中心なので、あの中から、“自分の逸品”を見つけ出すのは大変です。

 その点、デパートなら大人向きの品の良い流行を感じさせるアイテムを見つけ出しやすいんです。雨の季節のお出かけは少々憂鬱ですが、美術展や催事も豊富なデパートなら、一日中、楽しめますよね。お買い物に疲れたら、デパ地下でお総菜を買い、歩いてカロリーを消費した分、デザートをお土産にするのもいいですね。

 オバさん、万歳!

※女性セブン2016年6月23日号

【関連記事】
ぎょうざには「醤油・酢・ラー油」だけではなくポン酢もGood
福岡ドームの美人ビール売り子「HR時は観客とハイタッチ!」
広末涼子の黒ワンピから伸びる生脚 とても2児の母と思えぬ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP