ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MLBの現役スター11人が証言 大谷の二刀流は米で通用するか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 マウンドに立てば163kmを投げ込み、打席に立てば安打を続々。そして本塁打も放つ長打力。そんな選手はメジャーリーグにもいない。高校時代からメジャー挑戦を公言してきた「ショウヘイ・オオタニ」の名は、MLBでも有名だ。日本ハム・大谷翔平(21)の二刀流は、メジャーで通用するのか?

「早く彼を見たい」と目を輝かせて語るのは、サイ・ヤング賞3度の現役メジャー最強投手、C・カーショー(ドジャース)だ。高校時代には、登板がない日に一塁手として出場したスラッガー。DH制のないナ・リーグで“恐怖の9番打者”として快音を響かせる。

「ツーウェイ(二刀流)をやるには特別な才能が必要だ。俺にはその力がなかった。投手ならダルビッシュ、打者ならマツイ(秀喜)のような選手だというなら、メジャーでやれると思う」

「エースで中軸打者? クールだな」と身を乗り出すのは、投手史上最高額(7年間で2億1700万ドル)で今季レッドソックス入りしたD・プライスだ。

「先発とDHなら可能だよ。タフなことは山ほどあるだろうが、チャレンジを見たい」

 ヤンキース・田中将大の同僚でメジャー屈指のセットアップマン、A・ミラーは、「メジャー投手の多くは、学生時代は好打者だった。でも、ドラフトされた時点で二刀流の夢から覚める。その夢を実現し続けているのは驚きだ」と語る。昨季、リーグ最多のホールド数を記録したエンゼルスのセットアッパー、J・スミスも、「リトルリーグのようなことが、メジャーで起こる。何て素晴らしいことなんだ!」と、お茶目な表現で目を丸くした。

 イチローの同僚でマーリンズの若きエース、J・フェルナンデスは羨ましさを隠さなかった。

「できることなら俺も二刀流をやりたいよ。今さら無理なんだろうけど、ならば彼を間近で見たい」

 強打者たちからも称賛の声が上がる。昨季26本塁打、99打点で新人王を獲得したC・ブライアント(カブス)は、同年代の日本人の存在を知ると、「ワォ、かっこいい!」と無邪気に叫んだ。

「僕も高校時代は先発のパワー投手だったけれど、二刀流をやるという発想はなかった。想像を超えるよね」

 メジャー15年目のヤンキースの中軸、M・テシェーラ(2009年の本塁打王)は目を細めて語った。

「投げて打つというのは野球少年なら誰でも夢見るけど、現代野球はベーブ・ルースの時代と違って細分化されているから、投手と打者を兼ねるのは難しい。実にエキサイティングだ」

 大谷が2014年に記録したシーズン2桁勝利(11勝)、2桁本塁打(10本)は、1918年のルース以来の快挙。野球の神様に肩を並べる「日本のワンダーボーイ」は、メジャーリーガーにとっても夢の存在なのだ。

 一方で厳しさを指摘する選手も少なくない。MVP3度のA・プホルス(エンゼルス)はこう口にした。

「MLBは専門の役割を持った選手が25人の登録メンバーを争う競争社会。二刀流が不可能とは言わないが、打者なら打者、投手なら投手として極めていく世界だ」

 プホルスの同僚で現役最高のオールラウンドプレーヤーの呼び声高いM・トラウトも、「僕は高校時代に投手と遊撃手をやっていたけど、二刀流は考えもしなかった。メジャーのレベルの高さやケガのリスクなどを考えると非常に難しいからだ」と語る。

 否定的な見解に共通する理由は、故障のリスクだ。ゴールドグラブ賞を3度獲得したメジャー屈指の名外野手、J・ヘイワード(カブス)は「二刀流を捨てなければメジャー入りも厳しくなると思う」と言う。

「二役をこなすなら、練習量も倍になる。体力を消耗すればケガのリスクも高まる。ナ・リーグでもDH制の採用が議論されているが、これも打席に入った投手の故障が増えてきたからだ。そんな時代に球団も二刀流を認めないだろう」

 エンゼルスのクローザー、H・ストリートはこんな言い方で疑問を呈した。

「見るのは面白い。でも、やるのはお断わりだ。メジャーにも二刀流をやれそうな投手は何人もいるが、皆、その後のキャリアを考えてプロ入りと同時に投手に専念した。投手と打者を両立するなら2倍、いや2倍では済まない体力を使う。どちらかに専念すれば20年プレーできるのに、10年で終わってしまうということだ」

■リポート/出村義和(スポーツジャーナリスト、J SPORTS MLB中継解説者)

※週刊ポスト2016年6月24日号

【関連記事】
大谷翔平 「本気でメジャー目指すなら打者は諦めるべき」の声
日ハム大谷翔平 元祖二刀流の金田正一氏と週刊ポストで対談
大谷翔平の「二刀流」はMLBでどう評価されているか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP